さっぱり常備菜。れんこんの梅と甘酢の和え物

さっぱりしていて食べやすい、れんこんの和え物のレシピ。箸休めやお弁当の白色おかずにもピッタリです。
食べるときは、保存容器の底のほうから取り分けることをオススメします。味がしみています。

れんこんの梅と甘酢の和え物の常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:7

材料(保存容器中1個分

れんこん1節(約200g)

梅干し(メモ12粒(約20g)

◎穀物酢大1.5

◎砂糖大1/2

◎白だし小1

ざっくり作り方

れんこんは皮をむき、5mm厚さの半月切り、または輪切りにし、酢水にさらします(メモ2)。梅干しは種を取り、包丁やスプーンでたたいてペースト状にします。鍋に湯を沸かします。

ボウルに梅ペースト、◎を入れ、混ぜ合わせます。

れんこんの水気を切り、鍋に入れ、3分ほどゆでたら、ざるにあげて水気を切ります。

2に3を熱いうちに入れ、よく和えて(メモ3)、完成。

お料理メモ

メモ1:梅干しの種類

梅干しは、はちみつ漬けの塩分濃度8%の大粒を使っています。梅干しの味や大きさ、塩分濃度によって、味の印象や塩気が変わります。

メモ2:れんこんの切り方

小さめのれんこんなら輪切り、大きめのれんこんならいちょう切りにするなど、食べやすい大きさに切ってください。

メモ3:熱いうちに和える

れんこんが熱いうちに調味料と和えることで、味がよくからみます。

ミツカン プロが使う味 白だし(Amazon楽天
富士ホーロー 片手鍋 16cm(Amazon楽天
木屋 三徳包丁(Amazon楽天

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX ハーフ

容量:500ml