あじのかば焼き風

身がやわらかく、甘辛味で食べやすい、あじのかば焼き風のレシピです。調味料の分量がすべて大さじ1なので、覚えやすく作りやすいです。ご飯にのせ、盛り付けて丼にしても。

あじのかば焼き風の料理写真

材料(2人分

あじ(メモ18枚

◎酒大1

◎みりん大1

◎醤油大1

◎砂糖大1

片栗粉適量

いりごまお好みで

ざっくり作り方

◎はボウルで混ぜ合わせます。あじは小骨を取り除き、片栗粉を両面に薄くまんべんなくまぶします(メモ2)。

フライパンに油を熱し、皮目を下にして入れ、中火で焼き色がつくまで焼きます。

裏返して、もう片面も焼き色がつくまで焼きます。◎を入れ、煮からめて、完成(メモ3)。お好みでいりごまを散らします。

お料理メモ

メモ1:あじについて

3枚おろしのほか、刺身用やフライ用として売られているものでもよいです。刺身用は皮が取られていて身崩れしやすいので、焼くときは気をつけてください。

メモ2:あじの下ごしらえ

  • 骨抜きには、普通のピンセットより専用の骨抜きを使ったほうがよいです。身を崩さずきれいに抜けます。
  • 茶こしと使うと、片栗粉を簡単にまんべんなくまぶせます。

メモ3:焼くときのポイント

あじの身は崩れやすいので、やさしく扱います。裏返すときも、フライ返しを使ってそっとやります。

手順写真

あじのかば焼き風の手順写真その1あじのかば焼き風の手順写真その2
あじのかば焼き風の手順写真その3あじのかば焼き風の手順写真その4

※ 作り方の番号と手順写真の番号は必ずしも一致しているわけではありません。

調味道具のご紹介

商品名:パール金属 銀の爪 骨抜き

魚の骨抜きに必須