黒酢ユーリンチー(油淋鶏)

やみつきになる風味とコクで箸がすすむこと間違いなし、黒酢ユーリンチーのレシピです。黒酢だれは分けて保存して食べるときにかけるので、作り置きでも作りたてのようなおいしさです。

黒酢ユーリンチーの料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

<から揚げ>

鶏もも肉約400g

◯酒大1

◯醤油小1

◯しょうがチューブ2cm

片栗粉大3

<黒酢だれ>

長ねぎ1/2本

しょうが1かけ

ごま油大1

◎黒酢大3

◎醤油大2.5

◎砂糖大2

●片栗粉小2

●水小2

ざっくり作り方

鶏肉は余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、ひとくち大に切ります。

ポリ袋に鶏肉、◯を入れてよくもみ込み、20分~ひと晩漬けます(メモ1)。

鶏肉を袋から出し、軽く水気を切ります。バットに片栗粉を広げ、鶏肉に薄くまんべんなくまぶします。

フライパンに多めの油を熱し、中火~強めの中火で揚げ焼きにしたら、金網に取り出します(メモ2)。

フライパンをきれいにふき取ります(メモ3)。長ねぎ、しょうがをみじん切りにします。

弱めの中火でごま油を熱し、長ねぎ、しょうがを入れ、炒めます。香り立ったら◎を入れ、強火にして1~2分ほど煮詰めます(メモ4)。

火を止め、混ぜ合わせた●を入れ、とろみがついたら、完成。から揚げと黒酢だれは分けて保存します(メモ5)。

お料理メモ

メモ1:鶏肉の下ごしらえ

冷蔵庫でひと晩漬け込む場合、冷たいままだと火の通りにムラが出るので、揚げ焼きの15~30分前に冷蔵庫から出して室温に戻します。

メモ2:揚げ焼きのポイント

黒酢ユーリンチー(油淋鶏)の手順写真その1

  • 直径26cmのフライパンに鶏肉が半分ひたるくらい(大さじ4ほど)の油をひいています。
  • 皮目を下にしてやさしくフライパンに入れ、衣のふちがきつね色になったら裏返します。もう片面もきつね色になったら取り出します。
  • 完全に冷めてから、保存容器に移します。

メモ3:フライパンの油

フライパンの揚げ油は、捨てるとかキッチンペーパーでふき取るなどして、きれいにします。油が残っていると、黒酢だれがベチャッとなります。

メモ4:たれは煮詰める

黒酢ユーリンチー(油淋鶏)の手順写真その2

煮詰めてとろみを出します。味もまろやかになります。とろみが出たら火を止め、水溶き片栗粉でさらにとろみをつけます。

メモ5:食べるときのポイント

  • から揚げと黒酢だれは別々の容器で保存し、食べるときにたれをかけます。
  • から揚げはオーブンやトースターで再加熱すれば、余分な油も落ちてカラッとおいしくなります。

調味料のご紹介

内堀醸造 臨醐山黒酢(Amazon楽天
九鬼 ヤマシチ純正胡麻油(Amazon楽天

今回使った保存容器

つくおき保存容器

商品名:つくおきコラボ 保存容器L

容量:1200ml

weck保存容器

商品名:WECK Mold Shape

容量:140ml