さばの南蛮漬け

さっぱりして食べやすい、さばの南蛮漬けのレシピ。ひと品で魚と野菜をバランスよく食べられます。冷たいままでも温め直してもおいしく、水気を切ればお弁当にも入れられます。

さばの南蛮漬けの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器大1個分

さば1尾(3枚おろし)

◯穀物酢大1

◯醤油小1

片栗粉大2~3

たまねぎ1/4個

にんじん1/3本

パプリカ(赤)1/4個

パプリカ(黄)1/4個

◎水100mL

◎穀物酢大3

◎砂糖大1

◎醤油大1

◎白だし大1

小ねぎお好みで

ざっくり作り方

さばはキッチンペーパーで軽くおさえて水気をふき取ります。骨を取り除き、背びれや尾びれを切り落とし、食べやすい大きさに切ります。

バットにさばを並べ、上から◯をかけて下味をつけます(メモ1)。

たまねぎは薄切りにします。にんじん、パプリカはそれぞれ細切りにします。

耐熱性の保存容器にたまねぎ、にんじんを入れ、ふわりとラップをし、500wの電子レンジで4分加熱します。ラップを取り、パプリカ、◎を入れ、ラップをしてさらに3分加熱します。ラップを取り、全体を軽くかき混ぜます(メモ2)。

さばの水気を切り、片栗粉を薄くまぶします。フライパンに多めの油を熱し、中火~強めの中火で揚げ焼きにしたら、キッチンペーパーをしいた金網にあげて油を切ります(メモ3)。

熱いうちに4に漬けて、完成(メモ4)。お好みで小ねぎを散らします。

お料理メモ

メモ1:さばの下ごしらえ

さばの南蛮漬けの調理写真その1

下味をつけるときは、身を下にしてバッドに並べます。さばは身が崩れやすいので、やさしく扱ってください。

メモ2:野菜の下ごしらえ

さばの南蛮漬けの調理写真その2

たまねぎ、にんじんは火が通りにくいので、先にレンジ加熱します。

メモ3:揚げ焼きのポイント

さばの南蛮漬けの調理写真その3さばの南蛮漬けの調理写真その4
  • ベチャッとならないよう、片栗粉は揚げ焼きにする直前にまぶしてください。
  • 皮目から揚げ焼きにし、薄いきつね色になったらやさしく裏返します。両面とも薄いきつね色になったら取り出します。

メモ4:漬けるときのポイント

さばの南蛮漬けの調理写真その5

  • 野菜を端によせ、あいたスペースにさばを入れます。
  • 野菜を上、さばを下にして、さばを南蛮酢に漬けます。

調理道具・調味料のご紹介

パール金属 銀の爪 骨抜き(Amazon楽天
野田琺瑯 バット キャビネ(Amazon楽天
ミツカン プロが使う味 白だし(Amazon楽天

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX 大

容量:1200ml