珍味を使って旨味たっぷり。里芋といかくんの煮物

手軽に買えるおつまみのいかくん(いかのくんせい)を使ったおかずです。里芋のねっとり食感にいかくんの旨味がよく絡んだ和食煮物レシピ。温め直してもおいしいです。

里芋といかくんの煮物の作り置き・常備菜レシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器中1個分

里芋5個(約300g)

◎いかくん約20g

◎水100ml

◎みりん大2

◎酒大1

◎醤油大1

ざっくり作り方

里芋は泥を水で落とし、皮付きのまま鍋で10分程度下茹でをします(メモ1)。

1の水気を切り、濡れ布巾などで里芋を包んだら、皮を滑らせるようにむいて(メモ2)、大きいものは食べやすい大きさに切ります。

鍋に2と◎を入れて落としブタをし、煮立ったら弱めの中火にして、約15分煮汁が少なくなるまで煮たら、完成。お好みで小ねぎを散らします。

お料理メモ

メモ1:里芋の下茹で

下茹で時間は里芋の大きさにもよりますので、竹串がすっと通るくらいまで茹でてください。

メモ2:里芋の皮むき

ゆで卵をむくような感じで皮をむきます。茹でたては熱いので気をつけてやってくださいね。私はキッチンペーパーで包んで皮をむいています。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。
副菜にちょうど良いサイズです。

noda_f_s

商品名:レクタングル深型S ホワイトシリーズ

容量:500ml

レンジ×/オーブン◯/スタッキング△