汁まで飲み干したい。だしがきいた半熟煮卵(味玉)

だしの旨味を活かした本格的な味わいの半熟煮卵のレシピ。漬け汁まで飲み干したくなるおいしさです。お弁当に入れる場合は、お好みでかたゆでにしてください。ひと晩以上漬けてからが食べごろです。Sponsored by 理研ビタミン株式会社「素材力だし®」

だしがきいた半熟煮卵(味玉)の料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器中1個分

4個

◎顆粒合わせだし(メモ11本

◎煮切りみりん(メモ2大2.5

◎醤油大1.5

◎湯大2

ざっくり作り方

卵は冷蔵庫から出して室温に戻します。片手鍋に湯を沸かします。

湯が沸騰したらお玉でそっと卵を入れ、中火~強火で6~7分ゆでます。

2の湯を捨て、すぐに冷水で卵を冷やしたら、殻をむきます。

ポリ袋に◎と卵を入れます。まんべんなくひたるよう、やさしくもみ込み、完成(メモ3)。

お料理メモ

メモ1:顆粒合わせだし

このレシピは、理研ビタミン「素材力だし®」とのタイアップレシピです。
理研ビタミンの素材力だしは、化学調味料・食塩無添加なので、味付けがしやすいです。

メモ2:煮切りみりん

みりんを加熱してアルコール分を飛ばしたものです。みりんを500wの電子レンジで1分ほど加熱すればよいです。

メモ3:保存方法

密閉できるポリ袋に入れたら、できるだけ空気を抜き、くちを閉じて保存します。袋から液体がもれることもあるので、バットや保存容器に入れて冷蔵保存します。

メモ4:半熟卵を上手に作るためのコツ

私が半熟卵を作るときに気をつけていることは以下の4つです。

  1. 卵はなるべく室温に戻す
  2. 沸騰した湯にそっとお玉で卵を入れる
  3. 中火~強火のまま6~7分ゆでる
  4. ゆでたらすぐに冷水で卵を冷ます

3の火加減は、お使いのコンロの火力によって異なります。湯がふつふつするくらいが目安です。ゆで時間は6分だととろとろの半熟、7分でしっかりめの半熟になります。

殻は水道水を卵に当てながらむいています。殻むきは、ほかにもいろいろな方法があるので、お好みのやり方でどうぞ。

調理道具・調味料のご紹介

富士ホーロー 片手鍋 16cm(Amazon楽天
リード 新鮮保存バッグM(Amazon楽天

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX ハーフ (グリーン)

容量:500ml