おつまみにちょうどいい。味噌煮卵(味玉)

味噌を使った、くせになるおいしさの半熟煮卵のレシピ。粕漬けっぽい味付けは、おつまみにもピッタリ。お弁当に入れる場合は、お好みで固茹でにしてください。
ひと晩以上漬けてからが食べごろです。

味噌煮卵の常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:4

材料(保存容器中1個分

4個

◎味噌大2

◎煮切りみりん(メモ1大1.5

ざっくり作り方

卵は冷蔵庫から出して常温に戻します。片手鍋にお湯を沸かします。

お湯が沸騰したらお玉でそっと卵を入れ、中火~強火で6~7分茹でます(メモ2)。

2のお湯を捨て、すぐに冷水で卵を冷やしたら、殻をむきます。

ポリ袋に◎と3の卵を入れます。まんべんなく浸かるよう優しく揉み込み、完成(メモ3)。

お料理メモ

メモ1:煮切りみりん

みりんのアルコールを飛ばすために、耐熱容器に入れて、ふわりとラップをかけたら、500wのレンジで30秒~1分加熱します。加熱直後は熱いので、少し時間をおいて冷めてから使います。

メモ2:半熟卵を上手に作るためのコツ

私が半熟卵を作るときに気をつけていることは以下の4つです。
①卵はなるべく常温にしておく
②沸騰したお湯にそっとお玉で卵を入れる
③中火~強火のまま6~7分茹でる
④冷水で卵を冷やす

③の火加減は、お使いのコンロによっても異なります。ふつふつと湯立つくらいが目安です。
茹で時間は、6分だとトロトロな半熟で、7分でしっかりめの半熟です。

殻は水道水を卵に当てながらむいています。他にもいろいろな方法があるので、お好みのやり方でどうぞ。

メモ3:保存方法

作り置きの味噌煮卵の保存方法

ジップロックのフリーザーバッグ(Amazon , 楽天)に入れたら、できるだけ空気を抜いて保存します。
袋から液体が漏れることもあるので、バットや保存容器に入れて冷蔵保存します。

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX ハーフ (グリーン)

容量:500ml