さつまいもの炊き込みご飯

ほっこりおいしい、さつまいもの炊き込みご飯のレシピです。いりこだしと油揚げで旨味もバッチリ。口の中にだしの風味と根菜の甘みが広がります。彩りもよく、お弁当にもオススメです。表示の調理時間は炊く時間を含んでいません。Sponsored by 理研ビタミン株式会社「素材力だし®」

さつまいもの炊き込みご飯の料理写真

冷凍保存:3週間

材料(米2合分

うるち米1合

もち米1合

さつまいも1本(180g)

にんじん1/3本(50g)

油揚げ1枚

◎顆粒いりごだし(メモ11本

◎醤油大1/2

◎塩小1.5

◎水360mL

ゆで絹さやお好みで

ざっくり作り方

さつまいもはよく洗います。両端を切り落としたら、1~1.5cm角に切り、水にさらします。にんじんは皮をむき、細切りにします。油揚げは熱湯をかけて油抜きをしたら、キッチンペーパーで水気をふき取り、細切りにします(メモ2)。

米は洗い、ざるにあげて水気を切り、炊飯器に入れます。上に油揚げ、にんじん、さつまいもを順にのせ、◎を入れたら、炊きます(メモ3)。

炊きあがったら、さっくりと混ぜて、完成(メモ4)。お好みでゆで絹さやも混ぜ込みます。

お料理メモ

メモ1:顆粒いりこだし

このレシピは、理研ビタミン「素材力だし®」とのタイアップレシピです。
いりこだしによって芋類の旨味が引き出され、コクうまに仕上がります。

メモ2:食材の下ごしらえ

  • さつまいもは水にさらしてアク抜きをすることで、味がしみ込みやすくなります。さらす時間は3分くらいでよいです。
  • 油揚げは油抜きすることで、これも味がしみ込みやすくなります。両面に熱湯をまわしかけたら、キッチンペーパーで上下をはさみ、油と水を取ります。

メモ3:炊くときの水の分量

さつまいもの炊き込みご飯の手順写真その1

普通に2合炊くときと同じ量でよいです。

メモ4:冷凍保存がオススメ

冷蔵保存だとパサついてしまうので、タッパーやラップで小分けにして、冷凍保存するのがオススメです。3週間は冷凍保存できます。

調味料のご紹介

商品名:リケン 素材力だし いりこだし

食塩無添加の顆粒タイプ