簡単プレーンスコーン

朝食や子どものおやつにも、簡単プレーンスコーンのレシピです。おおざっぱに、ある意味テキトーにこねることが、さっくりと仕上げるポイントです。サラダ油でも作れてコスパよし。

簡単プレーンスコーンの料理写真

常温保存: 4

材料(8~9個分
食べきりの場合 4人分

◎薄力粉200g

◎ベーキングパウダー10g

◎砂糖大1

◎塩2g

油(メモ150g

牛乳(メモ180g

ざっくり作り方

オーブンは180度に予熱します。

ボウルに◎を入れ、まんべんなく混ぜ合わせます。油を入れ、生地がポロポロになるまで手で混ぜます。牛乳は3回くらいにわけて、入れてざっくり混ぜて、を繰り返します(メモ2)。

生地を2cmほどの厚さに伸ばしたら、半分に折りたたみます。これを5回くらい繰り返します。

最後に1~2cmほどの厚さに伸ばし、型抜きをして、クッキングシートをしいた天板に並べます(メモ3)。

180度のオーブンで15~20分ほど焼いて、完成(メモ4)。

お料理メモ

メモ1: 材料について

<油>
サラダ油や米油など、なんでもよいです。

<牛乳>
豆乳でもオッケーです。

メモ2: 混ぜるときのポイント

簡単プレーンスコーンの手順写真その1簡単プレーンスコーンの手順写真その2
  • 油を入れたら、左の写真のようにポロポロになるまで混ぜます。
  • 牛乳は一気に入れると生地がベトベトになるので、わけて混ぜ込みます。途中で生地がゆるいかなと思ったら、その時点で牛乳はストップしてください。
  • こねすぎると粘り気が出て、さっくりした食感になりません。おおざっぱに混ぜて、ひとかたまりになればよいです。

メモ3: 型抜きのポイント

簡単プレーンスコーンの手順写真その3

  • 伸ばすときは、めん棒を使うとラクです。なければ手で伸ばしても。
  • 私はコップで型抜きをします。型抜きではなく、適当な大きさに切るでもよいです。
  • どんな形にしろ、断面を作ることが、スコーンならではのふくらみを作るコツです。

メモ4: 焼くとき

トースターで焼いても。オーブンとは火力が違うので、様子を見ながら焼いてください。

メモ5: 保存方法など

簡単プレーンスコーンの冷凍写真

  • 完全に冷めたら、密閉できるポリ袋に入れて保存します。
  • 常温保存する場合は、市販のシリカゲル(乾燥剤)を入れると、なおよいです。シリカゲルは100円ショップでも売っています。
  • 食べるときは、オーブンやトースターで温めるのがオススメです。外サクサク、中ふわふわになります。

調理道具のご紹介

タニタ 洗えるデジタルクッキングスケール
Amazon, 楽天
タイガークラウン めん棒
Amazon, 楽天
デロンギ コンベクションオーブン
Amazon, 楽天

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。