ささみの梅しそチーズ巻き

切り口がかわいい、ささみの梅しそチーズ巻きのレシピです。さっくり軽い食感で、梅のすっぱさやチーズのコクも合わさって箸がすすみます。ささみを頑張って薄く伸ばすのがポイントです。

ささみの梅しそチーズ巻きの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器大1個分

鶏ささみ6本(約360g)

梅干し大3粒(メモ1

大葉12枚

スライスチーズ6枚

◎みりん大2

◎醤油大1

◎砂糖大1

ざっくり作り方

ささみは筋に沿って切り込みを入れて開き、筋を取り除きます。ラップをかぶせ、めん棒で薄く伸ばします(メモ2)。

梅干しは種を取り、包丁やスプーンでたたいてペースト状にします。大葉は軸を切り落とします。チーズは半分に切ります。

ささみの上にチーズ、大葉、梅ペーストを順番にのせ、端からくるくると巻いていきます。巻きおわりに爪楊枝をさします(メモ3)。

フライパンに油を熱し、巻いたささみを入れ、中火で2~3分ほど表面を焼きます。

ふたをして、弱めの中火で3~4分ほど蒸し焼きにします。

ふたを取り、混ぜ合わせた◎を入れ、中火で煮からめて、完成。

お料理メモ

メモ1:梅干しの種類

しそ漬けの塩分濃度11%の大粒を使いました。たんぱくなささみとよく合っています。

メモ2:ささみの下ごしらえ

ささみの梅しそチーズ巻きの手順写真その1ささみの梅しそチーズ巻きの手順写真その2
ささみの梅しそチーズ巻きの手順写真その3ささみの梅しそチーズ巻きの手順写真その4
  • 写真のように筋に沿って切り込みを入れて開いたら、裏返して包丁を使って筋を取ります。
  • 身が厚いと巻きづらいので、できるだけ薄く伸ばします。めん棒がない場合は、少しやりづらいですが大きめのスプーンの背で代用できます。

メモ3:巻くときのポイント

ささみの梅しそチーズ巻きの手順写真その5

  • チーズがささみから、はみ出ないようにのせます。
  • 梅ペーストは、全体にのせると巻き途中ではみ出てしまうので、巻きはじめだけにのせます。

メモ4:保存と温め直しについて

  • 形が崩れないよう、爪楊枝をさしたまま保存します。
  • 温め直すときは、加熱しすぎるとチーズが溶け出してしまうので、ほどほどに温めてください。

レシピ動画

調理道具・調味料のご紹介

マイヤー フライパン 26cm(Amazon楽天
マイヤー ガラスふた 26cm(Amazon楽天
万上 純米本みりん(Amazon楽天

今回使った保存容器

つくおき保存容器

商品名:つくおきコラボ 保存容器L

容量:1200ml