鶏むね肉の酢鶏

彩りがよくて食べごたえもあるイチオシ料理、鶏むね肉の酢鶏のレシピです。適度に酸味がきいて、さっぱりおいしく食べられます。調味料はわりとシンプルで、手間もそんなにかかりません。

鶏むね肉の酢鶏の料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉約300g

パプリカ(赤)1個

パプリカ(黄)1個

ピーマン2~3個

たまねぎ1/4個

片栗粉大1

◯酒大1

◯醤油小1

◎調味酢(メモ1大3

◎醤油大2.5

◎ケチャップ大2

◎にんにくチューブ1cm

ざっくり作り方

鶏肉は余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、2~3cm角に切ります。ポリ袋に鶏肉と◯を入れ、よくもみ込み、20分~ひと晩漬けておきます。

パプリカ、ピーマン、たまねぎは幅1cm、長さ2cmくらいの大きさに切ります(メモ2)。◎はボウルで混ぜ合わせます。

フライパンに油を熱し、野菜を入れ、中火で全体に油がまわるよう炒め合わせます。

野菜をフライパンの端によせ、片栗粉をまぶした鶏肉を入れ、表面の色が変わるくらいまで焼きます(メモ3)。

◎を入れ、中~強火で水分がほどよく飛ぶまで煮からめて、完成(メモ4)。

お料理メモ

メモ1:調味酢について

マイルドな酸味が特徴で、合わせ酢ともいいます。ふつうの穀物酢を使う場合は、酢の分量を少し減らし、砂糖を少し加えるとよいです。

メモ2:野菜の下ごしらえ

鶏むね肉の酢鶏の手順写真その1

野菜は大きさがそろうように切ると、見ためも食感もよくなります。

メモ3:鶏肉を焼くときのポイント

鶏むね肉の酢鶏の手順写真その2鶏むね肉の酢鶏の手順写真その3
  • ポリ袋に鶏肉と片栗粉を入れてシャカシャカふると、早くラクにまぶせます。
  • 鶏肉を焼いているあいだは、野菜が焦げないよう上下を返すなどしてください。
  • 調味料を入れて煮からめるときに中まで火が通るので、じっくり焼かなくてよいです。

メモ4:仕上げのポイント

鶏むね肉の酢鶏の手順写真その4

たれにとろみがつき、フライパンの底に少し残っているくらいまで水分が飛んだら、火を止めます。

メモ5:冷凍保存

冷凍保存用のポリ袋に入れたら、霜がつかないよう空気を抜いて凍らせます。

調理道具・調味料のご紹介

ミツカン やさしいお酢(Amazon楽天
肉筋切り器 ミートテンダライザー(Amazon楽天
マイヤー フライパン 26cm(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml