揚げさんまの香味だれ

薬味がきいて箸がすすむ、揚げさんまの香味だれのレシピです。揚げ焼きにしたさんまに、甘辛の香味だれがおいしくからんでいます。さんまが旬の季節にぜひお試しください。

揚げさんまの香味だれの料理写真

冷蔵保存:3

材料(保存容器大1個分

さんま3尾(3枚おろし)

片栗粉大1

にんにく2かけ

しょうが1かけ

大葉4枚

◎酒大1.5

◎みりん大1.5

◎砂糖大1.5

◎醤油大1

ざっくり作り方

さんまは食べやすい大きさ(2~3cm幅)に切り、バットに並べておきます。にんにく、しょうが、大葉はみじん切りにします。

さんまに片栗粉を薄くまんべんなくまぶします(メモ1)。

フライパンに多めの油を熱し、中火~強めの中火でさんまを揚げ焼きにしたら、金網に取り出して油を切ります(メモ2)。

フライパンの余分な油をキッチンペーパーでふき取り、にんにく、しょうが、◎を入れ、中火で煮立たせます。

煮立ったらさんまを戻し入れ、煮からめます(メモ3)。仕上げに大葉を入れ、軽くからめて、完成。

お料理メモ

メモ1:片栗粉は薄くまぶす

揚げさんまの香味だれの手順写真その1揚げさんまの香味だれの手順写真その2
  • ベチャッとならないよう、片栗粉は揚げ焼きにする直前にまぶしてください。
  • 茶こしを使うか、ふりかけるタイプの商品だと、まんべんなく薄くまぶすことができます。
  • さんまの身は崩れやすいので、裏返すときはやさしく取り扱います。

メモ2:揚げ焼きのポイント

揚げさんまの香味だれの手順写真その3

  • 皮目を下にしてフライパンに入れ、揚げ色がついたらやさしく裏返します。もう片面も揚げ色がついたら、さっと取り出して油を切ります。
  • 油の量は、さんまが半身つかるくらいです。

メモ3:煮からめるときのポイント

揚げさんまの香味だれの手順写真その4揚げさんまの香味だれの手順写真その5
  • たれがふつふつと煮立ったらさんまを戻し入れ、上下を返しながら煮からめます。
  • 繰り返しになりますが、身が崩れないよう、やさしく裏返してください。

調理道具のご紹介

野田琺瑯 バット(Amazon楽天
工房アイザワ バット用アミ(Amazon楽天
工房アイザワ 茶こし(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml