野菜と豆がたっぷりのキーマカレー

具だくさんなキーマカレーのレシピ。わが家のカレーといったらこれ、というくらいの定番メニューです。しっかり煮込んで肉や野菜の旨味がたっぷり。作ったあとは冷凍保存がオススメです。

野菜と豆がたっぷりのキーマカレーの料理写真

冷蔵保存:5

材料(4~5食分

ひき肉(メモ1約200g

◯にんじん1本

◯たまねぎ1個

◯セロリ(茎)1本

◯にんにく2かけ

トマト大1個

ミックスビーンズ1袋

トマト缶(メモ21缶

カレールウ(メモ390g

ざっくり作り方

◯の野菜はすべてみじん切りにします(メモ4)。トマトは角切りにします。

大鍋に油を熱し、弱火でにんにくを香りが立つまで炒めます。ひき肉を入れ、中火でそぼろ状になるまで炒めます。

2に切った野菜をすべて入れ、全体に油がまわるよう炒め合わせます。

3にトマト缶を入れ、全体をかき混ぜます。煮立ったらミックスビーンズを入れ、落としぶたをしてさらに煮ます(メモ5)。

具材が水面から顔を出すくらいまで煮汁が少なくなったら火を止め、カレールウを入れて全体をよくかき混ぜます。ふたたび中火にかけ、ひと煮立ちさせたら、完成。

お料理メモ

メモ1:ひき肉の種類

ひき肉は牛、鶏、豚のどれで作ってもよいです。

メモ2:トマト缶について

  • トマト缶はカットタイプを使っています。ホールタイプで作る場合は、ヘラなどでトマトをよく潰してください。
  • 缶汁も使います。缶の内側に残った汁は水でうすめて鍋に流し入れます。水のかわりに風味付けで白ワインを使っても。

メモ3:カレールウについて

  • わが家ではカレールウはフレークタイプを使っています。溶けやすくて使いやすいです。
  • レシピに書いてあるグラム数は目安です。味見をして分量を調整してください。固形タイプだと4~5かけくらいです。

メモ4:みじん切りにはチョッパーが便利

私はチョッパーという調理家電で野菜(にんにく以外)をみじん切りにしています。細かいみじん切りがすぐにできます。包丁でやる場合も、めんどうですがなるべく細かく切ったほうがよいです。食感がよくなります。

メモ5:焦げつきに注意

鍋底が焦げつかないよう、ときどき全体をかき混ぜながら煮込んでください。

メモ6:冷凍保存がオススメ

冷蔵保存よりも冷凍保存が断然オススメです。冷凍保存だと3週間くらいたっても味が落ちずにおいしく食べられます。プラスチック容器だと色移りすることもあるので、気になる方は容器にラップをしくとよいです。

野菜と豆がたっぷりのキーマカレーの盛りつけ写真

盛りつけ写真です。揚げ焼きにしたズッキーニとれんこんをトッピングしています。

調理道具・調味料のご紹介

エバラ 横濱舶来亭 カレーフレーク中辛(Amazon楽天
デルモンテ 完熟カットトマト(Amazon楽天
フィリップス マルチチョッパー(Amazon楽天
宮崎製作所 両手鍋 22cm(Amazon楽天