ささみのごまスティック

軽い食感でサクッとおいしい、ささみのごまスティックのレシピです。ごまを混ぜた衣をまぶし、フライパンで揚げ焼きにしました。スティックなので、小さい子どもも手づかみで食べやすいおかずです。

ささみのごまスティックの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器大1個分

鶏ささみ5本(約300g)

◎酒大1

◎醤油大1

◎しょうがチューブ2cm

◯片栗粉大4

◯いりごま(白)大2

◯いりごま(黒)大2

ざっくり作り方

ささみは筋を取り、縦にそぎ切りにします(メモ1)。

ささみに◎をまんべんなくもみ込み、20分~ひと晩漬けておきます(メモ2)。

バットに◯を広げて混ぜ合わせたら、ささみにまんべんなくまぶします。

フライパンに多めの油を熱し、中火~強めの中火で3を揚げ焼きにして、完成(メモ3)。

お料理メモ

メモ1:切るときのポイント

ささみのごまスティックの手順写真その1

ささみ1本あたり3~4等分に切ると、ちょうどよいくらいの大きさになります。

メモ2:下ごしらえのポイント

ささみのごまスティックの手順写真その2

バットやポリ袋にささみと調味料を入れたら、全体が漬かるよう手でもみ込みます。

メモ3:揚げ焼きのポイント

ささみのごまスティックの手順写真その3

  • 直径26cmのフライパンに大さじ4ほどの油をひいています。
  • 衣がはがれないよう、裏返す以外は動かしません。両面とも薄いきつね色になったら金網に取り出して油を切ります。
  • 揚げすぎるとささみが固くなるので、判断が難しいかもしれませんが、衣の色を見たりして火を通しすぎないよう気をつけます。

メモ4:衣が余ったら

ささみのごまスティックの手順写真その4

余った衣に水と塩を少し混ぜて、スプーンですくって揚げ焼きにすれば、ごませんべいみたなものができます。よろしければ。

メモ5:温め直すときはオーブンがオススメ

オーブンやトースターで再加熱すれば、作り置きでもサクッとした食感になります。

メモ6:冷凍保存

ささみのごまスティックの冷凍写真

冷凍保存用のポリ袋に重ならないように入れ、霜がつかないよう空気を抜いて凍らせます。

調理道具のご紹介

つくおきコラボ バットS(212Kkokode.jp
工房アイザワ バット用アミ(Amazon楽天
ボーソー 米油(Amazon楽天

今回使った保存容器

つくおき保存容器

商品名:つくおきコラボ 保存容器M

容量:800ml