基本のサラダチキン

しっとり旨味が閉じ込められた、基本のサラダチキンのレシピです。じっくり火を通すのがポイント。そのままでもおいしいですし、野菜と和えてサラダするなど、アレンジするのもよいです。

基本のサラダチキンの料理写真

冷蔵保存: 5

材料(保存容器大1個分
食べきりの場合 3~4人分

鶏むね肉1枚(約350g)

◯砂糖大1/2

◯塩小1/2

◎レモン汁大1/2

◎中華スープの素小1.5(約8g)

◎にんにくチューブ1cm

◎ハーブなど(メモ1お好みで

ざっくり作り方

鶏肉は皮と余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、◯の砂糖、塩を順番によくもみ込みます(メモ2)。

耐熱性のポリ袋に◎を入れ、袋の上から手でもんで調味料をよく混ぜます(メモ3)。鶏肉を入れ、まんべんなくもみ込み、なるべく空気を抜いてくちを閉じます。

大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら火を止めます(メモ4)。ポリ袋ごと鍋に入れ、ふたをして60分ほどほうっておきます。

60分たったら鍋から取り出します。あら熱が取れたら冷蔵庫に移して、完成(メモ5)。食べるときに切り分け、お好みでレモン汁などをかけて召し上がってください。

お料理メモ

メモ1: ハーブについて

風味づけにハーブやスパイスを足してもおいしいです。私はタイムとブラックペッパーを使いました。

メモ2: 砂糖と塩をもみ込む

サラダチキンの手順写真その1

肉質がしっとりやわらかくなります。つやが出るまでしっかりもみ込んでください。冷蔵庫でひと晩寝かせると、より効果が出ます。寝かせた場合は、室温に戻してから調理してください。

メモ3: 調味料をよく混ぜる

サラダチキンの手順写真その2

中華スープの素が溶けにくいので、よくもんで混ぜ合わせます。

メモ4: 沸騰したら火を止める

サラダチキンの手順写真その3

1.耐熱性ポリ袋の耐熱温度は約100℃。2.低温でじっくり火を通す。以上2点のため、火を止めてから鍋に入れます。

メモ5: 完成後のポイント

サラダチキンの手順写真その3

1枚肉のまま冷蔵保存してください。肉汁が中にとどまり、しっとりとした食感で召し上がれます。

メモ6: 冷凍保存

取り出しやすいよう、切り分けてから、冷凍保存用のポリ袋に平たく入れます。霜がつかないよう空気を抜いて凍らせます。

調理道具・調味料のご紹介

ジップロック フリーザーバッグ Mサイズ
Amazon, 楽天
下村工業 肉すじ切り器
Amazon, 楽天
創味食品 創味シャンタン
Amazon, 楽天

今回使った保存容器

バットを保存容器のかわりに使いました。

商品名: 野田琺瑯 バット キャビネ

琺瑯製で色移りせず長く使える

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。3歳男の子の母。