小松菜チキンハンバーグ

小松菜と鶏ひき肉で作るヘルシーハンバーグのレシピです。さっくり食べられる軽めの食感と、やさしい家庭的な味付け。冷たいままでもおいしいので、お弁当にもぴったりです。Sponsored by 理研ビタミン株式会社「素材力だし®」

小松菜チキンハンバーグの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器大1個分

鶏ももひき肉250g

小松菜小1袋(3~4株)

◎片栗粉大1

◎醤油小2

◎塩小1/2

◎顆粒こんぶだし(メモ11本

◎しょうがチューブ2cm

◎にんにくチューブ2cm

ざっくり作り方

小松菜はよく洗い、水気を切ります。根元を切り落とし、1cm幅に切り分け、耐熱皿に葉の部分を下、茎の部分を上にして置きます。ふわりとラップをし、500wの電子レンジで2分加熱します。加熱したらざるにあげ、手でしぼって水気を切ります(メモ2)。

ボウルに鶏ひき肉、◎を入れ、粘りが出るまでこねます。小松菜を入れ、まんべんなく混ぜ合わせたら、ラップをして冷蔵庫で30分~1時間ほど寝かせます。

2を6等分して成形し、油をひいたフライパンに並べます。

3を強火で2分ほど焼きます。焼き色がついたら、裏返してふたをし、弱火~中火で5分ほど蒸し焼きにして、完成(メモ3)。

お料理メモ

メモ1:顆粒こんぶだし

このレシピは、理研ビタミン「素材力だし®」とのタイアップレシピです。スティック1本あたり5g入っています。
こんぶだしはひき肉や葉物野菜との相性がバツグンで、素材の旨味が引き出されます。

メモ2:小松菜の下ごしらえ

小松菜チキンハンバーグの手順写真その1

  • 下から温まる電子レンジの場合は、火の通りにくい茎を下に、葉を上にして加熱してください。わが家のレンジもそのタイプです。
  • 水っぽくならないよう、レンジ加熱したあとはしっかりと水気を切ります。加熱直後は熱いので、やけどにご注意ください。

メモ3:ハンバーグづくりのポイント

肉だねや成形、焼くときのポイントは、コチラのお料理メモをご覧ください。写真付きで紹介しています。

メモ4:オススメの食べ方

小松菜チキンハンバーグの手順写真その2

そのままでもよいですが、大根おろしに醤油やポン酢をかけて食べると、よりおいしいです。

メモ5:冷凍保存

冷凍保存用のポリ袋に入れたら、霜がつかないよう空気を抜いて凍らせます。

調味料のご紹介

商品名:リケン 素材力だし こんぶだし

食塩無添加の顆粒タイプ