鶏むね肉の揚げしそ照り焼き

揚げ焼きにした鶏むね肉に照り焼きだれを煮からめました。大葉の風味がよいアクセントになっています。
砂糖と塩をまぶしてそぎ切りにした鶏むね肉はさっくりやわらか。照り照りな見ためが食欲をそそります。

鶏むね肉の揚げしそ照り焼きの料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉1枚(約400g)

◯砂糖大1/2

◯塩小1/2

◎みりん大2

◎醤油大1

◎砂糖大1

片栗粉適量

大葉5~6枚

ごま油少々(お好みで)

ざっくり作り方

鶏肉は余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、そぎ切りにし、◯の砂糖、塩を順番にもみ込みます(メモ1)。

大葉は軽く水洗いして水気を切り、まとめてくるくると巻いて、せん切りにします。◎はボウルで混ぜ合わせます。

バットに片栗粉を広げ、鶏肉に薄くまんべんなくまぶします。

フライパンに多めの油を熱し、中火~強めの中火で3を揚げ焼きにします(メモ2)。

フライパンの余分な油をキッチンペーパーでふき取り、◎を入れ、中火で煮からめます。

火を止め、大葉とごま油を入れ、軽く和えて、完成。

お料理メモ

メモ1:砂糖と塩をもみ込む理由

  • 砂糖と塩の保水効果で、鶏むね肉がやわらかく仕上がります。
  • 1~2分もみ込むだけでも効果はありますが、私は前日に手順1までやったら、ポリ袋に入れて冷蔵庫でひと晩漬けておくことが多いです。より効果があります。
    ひと晩漬けたら、揚げ焼きにする15~30分ほどまえに鶏むね肉を冷蔵庫から出して、室温に戻します。冷たいまま調理すると、火の通りにムラが出ます。

メモ2:揚げ焼きについて

  • 油を熱したら、皮目を下にしてフライパンに入れます。薄いきつね色になったら裏返します。もう片面も薄いきつね色になったら、フライパンの余分な油をふき取り、たれを煮からめます。
  • 裏返す以外はなるべく動かさないでください。動かすと、衣がはがれたり、きれいな揚げ色にならなかったりします。

調理道具・調味料のご紹介

肉筋切り器 ミートテンダライザー(Amazon楽天
野田琺瑯 バット(Amazon楽天
キッコーマン しぼりたて丸大豆生しょうゆ(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml