親しみやすいおかず。鶏肉と長ねぎの甘辛炒め

鶏もも肉と長ねぎを、醤油とみりんの食べやすい甘辛味で炒めたレシピ。焼き鳥の「ねぎま」を参考にして作りました。串に刺さずフライパンで作るので、手間も少なく簡単です。
照り感が食欲をそそります。

鶏肉と長ねぎの甘辛炒めの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏もも肉約350g

長ねぎ1本(約130g)

◯塩少々

◯ブラックペッパー少々

◎みりん大2

◎醤油大1

◎砂糖小1

ざっくり作り方

鶏もも肉は余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけて、食べやすい大きさに切ったら、◯をふります。
長ねぎは根元を切り落とし、汚れを洗い流したら、2cm幅程度のざく切りにします(メモ1)。

フライパンに油を熱したら、鶏もも肉は皮目を下にして、長ねぎは適当に、それぞれ入れ、中火で焼きます。

2の片面の色が変わるくらいまで焼いたら、裏返してふたをし、3分程度蒸し焼きにします(メモ2)。

3のふたをはずして◎を入れ、火を強めて、煮からめたら(メモ3)、完成。

お料理メモ

メモ1:長ねぎの青い部分

私は青い部分も使っています。ねぎの種類にもよりますが、お好みで使わなくても構いません。

メモ2:蒸し焼きにする時間の目安

長ねぎが少しくたっとして甘味が出るくらいまで蒸し焼きにします。

メモ3:煮からめる時間

火を強めると、みりんと砂糖がとろりとしてくるので、鶏肉と長ねぎにしっかりとたれが絡むまで加熱します。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml