鶏むね肉のしょうが焼き

1枚肉のまま焼いた鶏むね肉のしょうが焼きのレシピ。塩こうじの効果でさっくりやわらか。パサパサ感もなく食べやすいです。冷めていてもやわらかいので、お弁当にもぜひ。
Sponsored by ハナマルキ株式会社「液体塩こうじ」

鶏むね肉のしょうが焼きの料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉1枚(約350g)

◯液体塩こうじ(メモ1大1.5

◯しょうがチューブ3cm

しょうが1かけ

◎醤油小2

◎みりん小2

ざっくり作り方

鶏肉は余分な脂を取り除き、観音開きにし、フォークなどで数カ所穴をあけます(メモ2)。

ポリ袋に◯と1を入れ、よくもみ込み、冷蔵庫でひと晩寝かせます。

鶏肉は室温に戻します。しょうがは皮をむき、みじん切りにします。

フライパンに油を熱し、鶏肉を皮目を下にして入れ、弱めの中火で表面に焼き色がつくまで3分ほど焼きます。

4を裏返してふたをし、弱火で4分ほど蒸し焼きにします。

ふたを取り、フライパンのあいているスペースにしょうが、◎を入れ、煮立たせます。ふつふつと煮詰まってきたら、鶏肉の両面に煮からめて、完成。

お料理メモ

メモ1:液体塩こうじ

このレシピは、ハナマルキ「液体塩こうじ」とのタイアップレシピです。
液体塩こうじに漬けるだけで、鶏むね肉がさっくりやわらかな食感になります。

メモ2:鶏肉の観音開き

まず、鶏肉の中央に厚み半分くらいまで切り込みを入れ、次にそこから左右に切り込みを入れます。開いたときにできるだけ肉の厚さが均等になるように、切り込みを入れてください。

メモ3:完成後の注意点

完成後は切り分けずに1枚肉のまま冷蔵保存してください。そして、食べるときに食べるぶんだけ切り分けます。完全に冷めるまえに切り分けると、肉汁が流れ出てしっとりさが失われてしまいます。

調理道具・調味料のご紹介

ハナマルキ 液体塩こうじ(Amazon楽天
マイヤー フライパン 26cm(Amazon楽天
マイヤー ガラスふた 26cm(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml