旨味たっぷり。白菜と豚バラ肉のうま煮

豚バラ肉の旨味が白菜とよく馴染んでおいしい煮物のレシピです。ご飯にかけて丼っぽく食べるのもいいですよ。
白菜の分量は大きめのものであれば1/4株、小さめのものであれば1/2株が目安です。

白菜と豚バラ肉のうま煮の常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

豚バラ肉薄切り(メモ1約350g

白菜1/4株(約600g)

◎みりん大2

◎醤油大2

◎水大2

◎中華スープのもと小1

◯水溶き片栗粉大1(水大1)

少々

ざっくり作り方

白菜は根元部分を少し切り、葉を一枚ずつはがし、汚れなどを洗っておきます。軽く水気を切ったら、葉と芯を切り分け、それぞれをさらに切ります(メモ2)。豚肉は食べやすい大きさに切ります。

大きな鍋またはフライパンに、白菜、豚肉、◎を入れてふたをし、煮立ったら弱火〜中火にして5分煮ます。

一度ふたを開けて具材を混ぜ合わせたら再びふたをし、さらに5分煮て、塩で調味します。(メモ3

火を弱め、水溶き片栗粉(メモ4)でとろみをつけて、完成。

お料理メモ

メモ1:豚肉の種類

豚バラ肉はコクとうま味で煮物をおいしくしてくれますが、豚肉の中でも脂質が多い部位です。このレシピでのオススメは豚バラ肉ですが、豚小間肉や豚ロース肉などお好みのものを使っても大丈夫です。

メモ2:白菜は葉と芯で切り方を変える

白菜は葉部分と芯部分の境い目に∨字の切り込みを入れ、切り分けます。葉は1cm〜2cm幅でざく切りにし、芯は細かめに切るかそぎ切りにして火を通しやすくします。

メモ3:塩で調味

煮汁を味見してみて、お好みで塩を少々入れてください。味が引き締まります。

メモ4:水溶き片栗粉

煮ているあいだに、水と片栗粉を混ぜ合わせておきます。時間がたつと片栗粉が下に沈むので、入れるタイミングでもう一度混ぜ合わせます。
片栗粉の分量は目安ですので、煮汁の量によって調整してください。

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX 大 (グリーン)

容量:1200ml