枝豆ベーコンのじゃがいももち

朝ごはんやお弁当、子どものおやつなどに幅広く使える常備菜、枝豆ベーコンのじゃがいももちのレシピです。ベーコンの塩気と枝豆の食感がよいアクセントに。大人向けにはコショウ入りがオススメです。

枝豆ベーコンのじゃがいももちの料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

じゃがいも2個(約300g)

ハーフベーコン4枚

ゆで枝豆(メモ115さや

◎片栗粉大3

◎牛乳大2

◎塩少々

◎ブラックペッパー少々(お好みで)

ざっくり作り方

じゃがいもは皮をむいて芽を取り、2cm角の角切りにし、2~3分ほど水にさらします。ざるにあげて水気を切り、耐熱容器に入れます。ふわりとラップをし、500wの電子レンジで8~10分ほど加熱します(メモ2)。

ベーコンは1cm幅に切ります。枝豆はさやから出します。

ボウルにじゃがいもを入れ、フォークなどでなめらかになるまでつぶします。◎を入れてよく混ぜ合わせたら、ベーコン、枝豆を加え、さらによく混ぜます(メモ3)。

3を6~8等分して、平らな円形に成形します。

フライパンに油を熱し、中火で2~3分ほど、表面がきつね色になるまで焼いて、完成(メモ4)。

お料理メモ

メモ1:枝豆について

枝豆はゆでてあるものであれば、なんでもよいです。私は冷凍食品の塩ゆでされたものを使っています。

メモ2:じゃがいもの加熱時間

しっかりなめらかにつぶしたいので、長めにレンジ加熱します。

メモ3:混ぜ合わせるときのポイント

枝豆ベーコンのじゃがいももちの手順写真その1枝豆ベーコンのじゃがいももちの手順写真その2
  • 加熱直後のじゃがいもは熱いので、やけどにご注意ください。
  • 加熱したときに出た水分は捨てないでください。捨てると、パサついた食感になってしまいます。
  • マッシャーを使うとラクにつぶせます。
  • 片栗粉を入れたあとは、まんべんなくしっかりと混ぜ合わせます。

メモ4:食べるとき

オーブンやトースターで温めると、表面はサクッと中はモチッとなって、おいしく食べられます。

メモ5:冷凍保存

枝豆ベーコンのじゃがいももちの冷凍写真

冷凍保存するときは、冷凍保存用のポリ袋に入れ、なるべく空気を抜いて凍らせます。

調理道具のご紹介

マーナ スプーンマッシャー(Amazon楽天
iwaki 耐熱ボウル3点セット(Amazon楽天
ジップロック フリーザーバッグ Mサイズ(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml