豆腐シュウマイ

ふわふわ食感でおいしい、豆腐シュウマイのレシピです。味付けもやさしいあっさりめ。レンジで手間なく作れます。加熱するときや保存するときのポイントも紹介しています。
表示の調理時間は豆腐の水切り時間を含んでいません。

豆腐シュウマイの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器大2個分

鶏ももひき肉約300g

絹ごし豆腐1/2丁(175g)

長ねぎ1/2本

シュウマイの皮30枚くらい

◎中華スープの素小1

◎砂糖小1

◎片栗粉小1

ざっくり作り方

豆腐は半分の厚さに切り、水切りします。長ねぎはみじん切りにします。シュウマイの皮は細切りにし、手でほぐします(メモ1)。

ボウルに鶏ひき肉、豆腐、長ねぎ、◎を入れ、よく混ぜ合わせます。

2を直径3~4cmの丸型に成形し、表面にシュウマイの皮をつけます。

耐熱皿にクッキングシートをしき、3を間隔をあけて並べたら、水(大1)を入れた小さな耐熱皿を中央に置きます。ふわりとラップをし、500wの電子レンジで4~5分ほど加熱して、完成(メモ2)。

保存容器にクッキングシートをしき、出来上がった豆腐シュウマイを間隔をあけて入れます(メモ3)。

お料理メモ

メモ1:下ごしらえについて

<豆腐の水切り>

豆腐シュウマイの手順写真その1豆腐シュウマイの手順写真その2
  • なるべく早く水切りできるよう半分の厚さに切ったら、キッチンペーパーではさみ、重しをのせます。この状態で30分ほど置きます。
  • ほかにも、レンジで加熱して水分を出すなどの方法もあります。

<シュウマイの皮>
細切りにしてたねにくっつけます。たねがゆるいので、包むより、こっちのほうがラクです。

メモ2:レンジ加熱のポイント

豆腐シュウマイの手順写真その3

  • シュウマイの皮どうしがくっつかないよう、間隔をあけて耐熱皿に並べます。
  • 中央に水を置き、蒸すようにしています。
  • 耐熱皿にシュウマイが乗り切らない場合は、何回かに分けてレンジ加熱します(私の場合は2回)。
  • シュウマイの数によって加熱時間は変わります。

メモ3:保存方法など

<保存容器への入れ方>

豆腐シュウマイの手順写真その3

皮がくっつかないよう、クッキングシートをしき、間隔をあけて入れます。

<冷凍保存>

豆腐シュウマイの冷凍写真その1豆腐シュウマイの冷凍写真その2

バットにクッキングシートをしき、間隔をあけて並べたら、そのまま凍らせます。凍ったらポリ袋に入れ、空気を抜いて冷凍保存します。

<食べるとき>
くどくなりますが、温め直すときも皮が皿にくっつかないよう、クッキングシートをしいてレンジ加熱します。

調理道具のご紹介

iwaki 耐熱パイ皿 Sサイズ(Amazon楽天
野田琺瑯 バット(Amazon楽天
ジップロック フリーザーバッグ Mサイズ(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml