ヘルシーボリュームおかず。高野豆腐の肉詰め煮

にんじんといんげん入りの肉だねを高野豆腐に詰めて煮含めた、ヘルシーだけど食べごたえのあるメインおかずのレシピ。
だしのきいたやさしい味が、高野豆腐によく染み込んでいます。

高野豆腐の肉詰め煮の常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

高野豆腐5枚

鶏ももひき肉約150g

にんじん1/2本

さやいんげん3本

少々

◎水250mL

◎白だし大2

◎みりん大1.5

◎砂糖大1

◎醤油大1/2

ざっくり作り方

高野豆腐は水でもどしたら、両手のひらではさんで、しっかり水気を絞ります。半分に切ったら、長い辺に切り込みを入れ、袋状にします(メモ1)。

にんじんは皮をむき、みじん切りにします。さやいんげんは筋を取り、小口切りにします。

ボウルに鶏ひき肉、塩を入れ、粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせ、2を入れて、さらに混ぜ合わせます。

3を10等分にしたら、1に詰めます(メモ2)。

鍋に◎を入れて火にかけます。砂糖が溶けたら、4を具が上になるように並べ入れ、煮立たせます。

煮立ったら弱火にし、落としぶたをして、煮汁が少なくなるまで煮含めて、完成。

お料理メモ

メモ1:袋状にするときのポイント

高野豆腐の角まで肉だねを詰めたいので、包丁の先端を使って丁寧に切り込みを入れます。切りすぎて貫通しないよう気をつけてください。

メモ2:肉詰めのポイント

肉だねを無理に詰めると、あふれて形がくずれたり、高野豆腐がやぶけたりします。
私は肉だねが余ったら肉団子にして一緒に煮ています。これはこれでおいしいですよ。

ミツカン プロが使う味 白だし(Amazon楽天
和平フレイズ ボウル 3点セット(Amazon楽天
オクソー 計量カップ 250mL(Amazon楽天

今回使った保存容器

noda_f_m

商品名:レクタングル深型M ホワイトシリーズ

容量:850ml