小松菜とちくわの甘辛炒め

小松菜とちくわを、基本の調味料で甘辛く炒め合わせました。ごま油でちくわを炒め、香りもよく、冷めたままでもおいしいですよ。小松菜はクセがなく、ちくわともよく合います。

小松菜とちくわの甘辛炒めの料理写真

冷蔵保存: 4

材料(保存容器中1個分
食べきりの場合 3~4人分

小松菜1袋(5株くらい)

ちくわ3本(約90g)

ごま油大1

◎みりん大1

◎砂糖大1/2

◎醤油大1/2

ざっくり作り方

小松菜はよく水洗いして、水気を切ります。根元を切り落とし、2cm幅に切り分け、耐熱皿に葉の部分を下、茎の部分を上にして置きます。ふわりとラップをし、500wの電子レンジで2分30秒加熱します。ざるにあげ、手でしぼってしっかりと水気を切ります(メモ1)。

ちくわは1cm幅の斜め切りにします。

フライパンにごま油を熱し、ちくわを入れ、中火で表面がきつね色になるまで炒めます(メモ2)。

小松菜を入れ、さっと炒め合わせます。

◎を入れ、強火にし、ほどよく水分が飛ぶまで炒め合わせて、完成(メモ3)。

お料理メモ

メモ1: 小松菜の下ごしらえ

小松菜とちくわの甘辛炒めの手順写真その1

  • ただ炒めるだけだと、そのあと水分が出てベチャッとなるので、下ごしらえでレンジ加熱して手でしぼり、あらかじめ水分を出します。
  • レンジは上から温まるものと下から温まるものがあります。より温まりやすいほうに、茎を置いてください。

メモ2: ちくわに焼き色をつける

小松菜とちくわの甘辛炒めの手順写真その2

香りが立ち、見ためもよくなります。焦げないよう、火加減には注意してください。

メモ3: 水分を飛ばす

小松菜とちくわの甘辛炒めの手順写真その3

余分な水分が残らないように、仕上げは強火にして炒め合わせます。

調理道具・調味料のご紹介

iwaki 耐熱パイ皿 Sサイズ
Amazon, 楽天
九鬼 ヤマシチ純正胡麻油
Amazon, 楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名: 野田琺瑯 レクタングル深型S

容量: 500mL

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。