小松菜ギョウザ

小松菜が主役。子どももよろこぶギョウザのレシピです。あんには、ごま油とオイスターソースも練り込んで旨味アップ。味がついているので、そのまま食べてもおいしいです。
このレシピは冷凍保存推奨です。

小松菜ギョウザの料理写真

冷凍保存:3週間

材料(20個分

小松菜4~5株

塩(塩もみ用)小1

しょうが1~2かけ

◯豚ひき肉約100g

◯オイスターソース大1/2

◯醤油小2

◯ごま油小1/2

ギョウザの皮20枚

ざっくり作り方

小松菜は根本を切り落とし、みじん切りにして、ボウルで塩もみをします。10分ほど置いたら水洗いし、手でしぼって水気をよく切ります。しょうがは皮をむき、みじん切りにします。

ボウルに小松菜、しょうが、◯を入れ、よくこねて、ギョウザの皮で包みます(メモ1)。作り置きの場合、この段階で冷凍保存します(メモ2)。

フライパンに油をひき、強火で熱します。フライパンが温まったら中火にし、間隔をあけてギョウザを並べ、焼きます。

うっすらと焼き色がついたら、熱湯をギョウザの1/3の高さまでそそぎ入れ、ふたをして5分ほど、水分がなくなるまで蒸し焼きにします(メモ3)。

ふたを取り、こんがりと焼いて、完成。

お料理メモ

メモ1:包むときのポイント

  • ギョウザの皮の外側に水を半周つけたら、あんを真ん中にのせ、ひだを作りながら包みます。最後に、ふちを手でおさえて閉じます。
  • あんは入れすぎると、包みづらくなります。

メモ2:冷凍保存のポイント

小松菜ギョウザの冷凍写真その1小松菜ギョウザの冷凍写真その2
  • 凍らせたときに皮がくっつかないよう、クッキングシートの上に並べます。
  • ラップをして凍らせ、完全に凍ったら、冷凍保存用のポリ袋に移し、空気を抜いて冷凍保存します。
  • 焼いて作り置きするのは、皮の食感が落ちるのであまりオススメしません。

メモ3:蒸し焼きにする

熱湯を入れて蒸し焼きにすることで、皮がもっちり、中のあんもふっくらとした仕上がりになります。

レシピ動画

調理道具・調味料のご紹介

ユウキ 化学調味料無添加オイスターソース
Amazon楽天
九鬼 ヤマシチ純正胡麻油
Amazon楽天
ジップロック フリーザーバッグ Mサイズ
Amazon楽天

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。