作って損はなし。梅しそチーズの棒つくね

はんぺん入りやわらか棒つくねのレシピ。梅、しそ、チーズ、つくね、それぞれの相性がバツグンです。
すこし手間のかかる料理ですが、お弁当やおつまみに使えて冷凍もできる、作って損はないひと品です。

梅しそチーズの棒つくねの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むねひき肉約300g

はんぺん大判1枚(120g)

大葉5枚

梅干し(メモ11~2粒

◯砂糖大1/2

◯醤油小1

◯みりん小1

◯塩少々

チーズ(メモ2適量

コーンスターチ(メモ3適量

ざっくり作り方

はんぺんは袋のうえから手でもんでつぶします。大葉はみじん切りにします。梅干しは種を取り、包丁やスプーンでたたいてペースト状にします。

ボウルに鶏ひき肉を入れ、粘りが出るまでこねます。はんぺんを入れてさらによくこねたら、大葉、◯を入れて、またよくこねます(メモ4)。

2を約12等分して、梅ペースト、チーズを包んで棒状に形を整えたら、バットなどに並べておきます。

3にコーンスターチを薄くまんべんなくまぶします。

フライパンに多めの油を熱し、中火で4を揚げ焼きにして、完成。

お料理メモ

メモ1:梅干しの種類

梅干しは、はちみつ漬けの塩分濃度8%の大粒を使っています。梅干しの味や大きさ、塩分濃度によって、味の印象や塩味が変わります。

メモ2:チーズの種類

ナチュラルチーズとプロセスチーズ、どちらを使ってもよいです。ナチュラルチーズは揚げ焼きにしているときに溶け出すことがあるので、しっかり包むことをオススメします。

メモ3:コーンスターチ

コーンスターチを使うと、サクッとした軽い感じの食感に仕上がります。
または、片栗粉でもよいです。片栗粉だとすこしモチッとした感じになります。

メモ4:こねたあと、たねを寝かせる

時間に余裕があれば、たねは冷蔵庫で30分~1時間ほど寝かせるとよいです。味がなじみ、成形もしやすくなります。私は前日の夜か当日の朝にたねを作り、ラップをして寝かせておくことが多いです。

プティパ コーンスターチ 250g(Amazon楽天
野田琺瑯 バット(Amazon楽天
和平フレイズ ボウル 3点セット(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml