ツナとじゃがいものクロケット風

RECIPE
ツナとじゃがいものクロケット風の料理写真
SHARE
更新
30日持ち:冷蔵5
おつまみにもいける作り置きです。バルで食べたマグロのクロケットが美味しかったのでツナ缶で作ってみました。オーブンの焼き時間は記載の時間より長めにしてもおいしいです。オーブンがなくても、フライパンで揚げ焼きにしても作れます。
このレシピに関するキーワード

材料(保存容器中1個分
食べきりの場合 3~4人分

じゃがいも大2個

ツナ缶1缶

◎マヨネーズ大2

◎顆粒コンソメ大1/2

◎塩少々

パン粉適量

オイル適量

作り方

オーブンは200度に余熱しておきます。じゃがいもはレンジで5分程度加熱し柔らかくしたら、マッシャーなどでつぶしてなめらかにしておきます。(メモ1

1と水分(油分)を切ったツナ缶(メモ2)、◎の調味料を加えてよく混ぜ合わせます。

バットにパン粉を広げ少量のオイルを加え、パン粉全体にオイルがしみ込むように混ぜ合わせます。

2を直径3cmくらいの丸形に成形し、3を表面にまんべんなく付け、クッキングシートをひいた天板の上に並べます。

200度のオーブンで20分程度焼いて完成。

お料理メモ

メモ1:じゃがいものレンチン

じゃがいもをマッシュする場合は、小さめの角切りにします。 耐熱容器に角切りにしたじゃがいもと少量の水を入れたら、耐熱容器のフタを少しずらして置くか、ふわりとラップをかけて500Wのレンジで5分程度加熱します。 簡単につぶせるくらいの固さになるまで、使用するじゃがいもの量やレンジに合わせて加熱時間を調整して下さい。 加熱後に水が多く残っているようなら、水を切ってからマッシュして下さいね。

メモ2:ツナ缶の種類

オイルタイプのツナ缶なら、余分な油は軽く切るくらいで大丈夫です。油分が多すぎる場合はマヨネーズの量を調整して下さい。 ノンオイルタイプのツナ缶なら、しっかりと水気を切ってから使います。成形する時にパサパサるようならマヨネーズの量を少しずつ増やして下さいね。

メモ3:食べるとき

食べるときはちょっと面倒ですが、オーブンで再加熱して食べるのがオススメ。オーブンで加熱すると出来立ての美味しさと変わらず頂けます。

今回使った保存容器

このレシピでは野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。 レシピの分量だと入らないので、野田琺瑯のレクタングル深型Mでちょうど良いかも。
SHARE
FOLLOW
nozomi

森 望 (nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。

「お気に入り」機能のご利用には、会員登録(無料)が必要となります。

BOOK

シリーズ累計110万部突破!

「つくおきtheBEST」の書影

最新刊!2020年10月22日発売!
Amazon 楽天

「つくおき」の書影

第一弾。レシピ本大賞受賞!
Amazon 楽天

「もっとつくおき」の書影

第二弾。初心者にもオススメです。
Amazon 楽天

「つくおき3」の書影

第三弾!生活パターンに合わせて。
Amazon 楽天

「つくおきのじみべん」の書影

3品詰めるだけの作り置き弁当。
Amazon 楽天

「冷凍つくおき」の書影

オススメの冷凍おかず多数掲載!
Amazon 楽天

「すぐめし献立」の書影

シンプルに作れる簡単献立集。
Amazon 楽天

FOLLOW