甘酢れんこん

シャリッとした食感のすっぱおいしい常備菜、甘酢れんこんのレシピです。箸休めやお弁当の彩りおかずにぜひ。おせちにも使えます。日持ちがよく、日がたっても味落ちしません。

甘酢れんこんの料理写真

冷蔵保存:7

材料(保存容器中1個分
食べきりの場合 3~4人分

れんこん(メモ12節(約150g)

◎調味酢(メモ1大2

◎砂糖(メモ1大1

◎輪切り唐辛子少々

ざっくり作り方

れんこんは皮をむき、4~5mm厚さの輪切りにし、酢水にさらします(メモ2)。

鍋に水気を切ったれんこんを入れ、火にかけます。沸騰したら中火にし、3~4分ほどゆでます。ゆでているあいだに、◎をバットで混ぜ合わせます。

ゆでたら、ざるにあげて水気を切ります。熱いうちに◎と和えて、完成(メモ3)。

お料理メモ

メモ1:材料について

<れんこん>
輪切りにしたときに見ためがかわいくなるので、直径が小さめのものがオススメです。直径が大きいものは、半月切りやいちょう切りにするなど、食べやすい大きさに切ってください。

<調味酢>
みりんや砂糖などの調味料を加えた酢を調味酢(または合わせ酢)といい、マイルドな酸味が特徴です。はっきりとした酸味がお好きであれば、調味酢のかわりに穀物酢を使ってもよいです。

<砂糖>
私の好みできび砂糖を使っています。より白く仕上げたい場合は、白砂糖を使ってください。

メモ2:れんこんの下ごしらえ

甘酢れんこんの手順写真その1

  • 1.変色しないようにする。2.白く仕上げる。以上2点のために、切ったらすぐに酢水にさらします。
  • 酢水の割合は、水500mLに対して穀物酢小さじ1が目安です。

メモ3:和えるときのポイント

甘酢れんこんの手順写真その2甘酢れんこんの手順写真その3
  • 味がしみ込むよう、熱いうちに和えます。
  • 和えたられんこんに沿うようにラップをし、味をまんべんなくしみ込ませるとよいです。少し時間をおいてから保存容器に移します。