ピーマンの焼きびたし

焼いて和えるだけの簡単常備菜、ピーマンの焼きびたしのレシピ。じっくり焼いたピーマンにだしの旨味がよくしみ込んでいます。冷めてもおいしいので、お弁当やおつまみ、箸休めなどにもってこいです。

ピーマンの焼きびたしの料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器中1個分

ピーマン5~6個

◎白だし大1

◎醤油小1

◎しょうがチューブ4cm

◎おかか小分け1袋(2.5g)

ざっくり作り方

ピーマンはへたと種を取り、縦に1cm幅に切ります。

フライパンに多めの油を熱し、皮目を下にして、強めの中火で焼き色がつくまで焼きます。焼き色がついたら裏返して、もう片面も焼きます(メモ1)。

ピーマンを焼いているあいだに、◎をボウルで混ぜ合わせます。ピーマンの油を軽く切り、熱いうちにボウルに入れ、よく和えます(メモ2)。

あら熱が取れたら保存容器に移し、完成。

お料理メモ

メモ1:焼き方について

  • 焼き色がつくよう、あまり動かさずに焼きます。じっくり焼くことで甘みが増します。
  • 黒こげにならないよう、ときどき様子を見てください。

メモ2:和えるときのポイント

フライパンのふちにピーマンをとんとんと当てて、軽く油を落とします。適度に油をまとったピーマンは、日がたってもジューシーでおいしいです。

レシピ動画

レシピ動画では、わかりやすさを重視して先に調味料を混ぜ合わせています。やりやすい順番でよいです。

調味料のご紹介

ミツカン プロが使う味 白だし(Amazon楽天
ヤマキ 徳一番かつおパック(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル深型S

容量:500ml