苦味をおさえて食べやすい。春菊のおひたし

春菊のしっかりめな食感と独特な香りが美味しい、おひたしのレシピ。茹で方のポイントをおさえれば、苦い印象のある春菊も食べやすくなります。
春菊が旬の寒い季節にオススメしたい小鉢料理です。

春菊のおひたしの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:4

材料(保存容器中1個分

春菊1袋(約170g)

ふたつまみ

◎おかか小分け1パック(メモ1

◎白だし小1.5

◎醤油少々(3〜4滴)

ざっくり作り方

春菊は泥をよく落とします。茎の根元部分2〜3cmを切り落としたら、茎の部分と葉の部分を分けるように、ざっくり半分に切ります。(メモ2

鍋に塩を加えたお湯を沸かし、はじめに茎の部分を30秒程度茹たら、続いて葉の部分も10秒程度茹でてざるにあげます。(メモ3

2を食べやすい長さに切り、手でしぼり水気をよく切ったら◎と和え、完成。

お料理メモ

メモ1:おかかの量

1パックの量が多い場合は加減して入れてください。和えるときに半量を使い、食べるときに残りの半量を上に散らしても良いです。

メモ2:春菊の下ごしらえ

春菊は泥がついているものが多いため、ボウルに水をはり、その中に春菊の茎の方を入れて、よくゆすり洗いします。葉にもついている場合があるので、同様にゆすり洗いして泥を丁寧に取り除きます。
茎の根元部分は固いので、少し切り落とします。

メモ3:春菊の茹で方

春菊は葉の部分を茹ですぎると苦味が増すので、ざっくり半分に切り分け、茎の部分と葉の部分を時間差で茹でます。茹でるまえに、茹でたあとに使うざるの準備をしておくと調理がスムーズです。

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX ハーフ (グリーン)

容量:500ml