ほうっておくだけ!しっとりやわらか蒸し鶏きゅうり

鶏むね肉を使ったパサパサしない蒸し鶏(茹で鶏)。冷たいままでも温めなおしても、おいしく食べられる常備菜です。じっくり低温で火を通すので、調理時間はかかりますが、放っておくだけなので簡単ですよ。

蒸し鶏きゅうりの作り置き・常備菜レシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉大1枚(約400g)

◯砂糖大1/2

◯塩ひとつまみ

きゅうり2本

片栗粉適量

◎調味酢(メモ1大2

◎醤油大2

◎砂糖大2

◎すりごま大2

◎ごま油小1

ざっくり作り方

鶏むね肉は皮を取り、フォーク等で数カ所穴を開けます。◯の砂糖を全体にすりこみ、3本指で取れるくらいの塩をすりこんだら、冷蔵庫に入れます(メモ2)。

鍋にお湯を沸かしているあいだに、1の表面に片栗粉をまんべんなく付けます。

沸騰させたら火を止めて、2を入れてふたをし、60分ほど放っておきます。

きゅうりは塩もみ(分量外)をして、細切りにし、水気をキッチンペーパーで拭き取ります。◎の調味料は大きめのボウルですべて混ぜ合わせます。

3の鶏むね肉を手で食べやすい大きさにさき、4と混ぜ合わせたら、完成(メモ3)。

お料理メモ

メモ1:調味酢

調味酢は、ミツカンのやさしいお酢(Amazon , 楽天)を使っています。
まろやかな酸味でツンとこない、使いやすいお酢です。一般的な穀物酢を使う場合は、レシピの分量より少なくする(半分くらい)ことをオススメします。

メモ2:調理方法

私の場合は週末作り置きをする前日に揉みこみ、一晩置いてから調理しますが、時間がない場合は1、2分揉みこむだけでも柔らかくなります。塩がむね肉を柔らかくし、砂糖が水分を閉じ込める効果があるそうです。
さらに、茹でる前に片栗粉でコーティングをし、低温でじっくり火を通すので、柔らかいこと間違いなしです。

メモ3:保存方法

保存容器に入れて保存していると下に調味料がたまるので、食べるときは混ぜ合わせてから取り分けてください。

メモ4:たれと合わせて

この蒸し鶏はこちらのたれとよく合うので、合わせて作るのもオススメです。

mara_miso
麻辣醤で作るスパイシー甘味噌ダレ
フアジャオの香りがクセになる甘辛味噌ダレ。

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX 大 (グリーン)

容量:1200ml