炒り豆腐

定番のヘルシー和風おかず、炒り豆腐のレシピです。豆腐はしっかり水切りする、干ししいたけは水で戻さない。以上がパラっと仕上げるポイント。やさしい味で飽きずに最後まで食べられる副菜です。表示の調理時間は豆腐の水切り時間を含んでいません。

炒り豆腐の料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器中1個分

木綿豆腐1丁(350g)

にんじん1/3本(約50g)

1個

干ししいたけ1枚

◎白だし大2

◎みりん大1

◎醤油大1/2

小ねぎお好みで

ざっくり作り方

豆腐は半分の厚さに切り、水切りします。にんじんは皮をむき、せん切りにします。卵はボウルで溶きほぐします。干ししいたけは軸を取り除き、みじん切りにします(メモ1)。

フライパンに油を熱し、手でちぎった豆腐、にんじん、干ししいたけを入れ、中火でにんじんがくたっとなるくらいまで炒めます。

2に◎を入れ、全体に味がいきわたるよう炒め合わせます。

3に溶き卵を入れ、そぼろ状になるように炒め合わせたら、火を止めます(メモ2)。お好みで小ねぎを入れ、軽く全体を混ぜて、完成。

お料理メモ

メモ1:下ごしらえのポイント

<豆腐の水切り>

炒り豆腐の手順写真その1炒り豆腐の手順写真その2
  • 豆腐の水切りのやり方はいろいろあります。私は豆腐をキッチンペーパーではさみ、均等に圧がかかるよう木製の落としぶたをのせ、重しとして2Lの水が入ったペットボトルをのせています。
  • なるべく早く水切りできるよう、半分の厚さに切っています。
  • 私の場合、この状態で30分ほど置いています。

<にんじんのせん切り>
スライサーやしりしり器を使えば、早く楽にせん切りができます。しりしり器を使うとふわっとした食感に仕上がるので、特にオススメです。なるべく細く切ることで、火の通りもよくなります。

<干ししいたけ>

炒り豆腐の手順写真その3

  • なくても作れますが、あると旨味がグッと加わります。
  • 炒めているときに水分を吸っていい感じにプリッとなるので、水で戻さずそのまま使います。
  • 固いので、切るときはケガしないように気をつけてください。
  • 汚れなどが気になる方は、ぬらしたキッチンペーパーなどで表面をやさしくふき取るとよいです。

メモ2:炒めるときのポイント

炒り豆腐の手順写真その4炒り豆腐の手順写真その5
  • 調味料を入れたら、味にムラが出ないよう手早く炒め合わせます。
  • 卵を入れたら、そぼろ状になるよう、菜箸をくるくるまわしながら炒めます。

調理道具・調味料のご紹介

市原木工所 落しぶた 16cm(Amazon楽天
ジュジュ 蜂の巣 しりしり器(Amazon楽天
ミツカン プロが使う味 白だし(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル深型S

容量:500ml