バターチキンカレー

市販のカレールーで作る、本格的なバターチキンカレーのレシピです。バターと生クリーム、トマト缶でコクと旨味はばっちり。煮込む必要がないので、時間をかけずに作れます。

バターチキンカレーの料理写真

冷蔵保存: 5

材料(保存容器大1個分
食べきりの場合 3~4人分

鶏もも肉約350g

◯酒大1.5

◯にんにくチューブ3cm

◯しょうがチューブ3cm

◯スパイス(メモ1少々

たまねぎ1/2個

バター30g

スパイス(メモ1小2

◎トマト缶1缶(400g)

◎顆粒コンソメ小2

●生クリーム100mL

●カレールー(メモ1大5

ざっくり作り方

鶏肉は余分な脂を取り除き、3cm角の角切りにします。

ポリ袋に鶏肉、◯を入れ、よくもみ込み、20分~ひと晩漬けます(メモ2)。

たまねぎは薄切りにします。

フライパンにバターを熱し、たまねぎ、スパイスを入れ、弱めの中火で表面がすき通るまで炒めます。

中火にし、鶏肉を入れ、表面を焼きます(メモ3)。

◎を入れ、よくかき混ぜて、全体がふつふつとなるまで煮ます(メモ4)。

再び弱めの中火にします。●を入れ、よくかき混ぜながら3分ほど煮て、完成(メモ5)。

お料理メモ

メモ1: 材料について

  • スパイス

    鶏肉の下味にはガラムマサラ少々を使い、たまねぎと炒めるときはガラムマサラ小1、クミン小1を使っています。参考までに。

  • カレールー

    フレークタイプのものを使っています。固形タイプより溶けやすく使いやすいです。

メモ2: 鶏肉の下ごしらえ

バターチキンカレーの手順写真その1

冷蔵庫で漬ける場合、焼く15~30分前には冷蔵庫から出して室温に戻します。冷たいまま焼くと、肉質が固めに仕上がります。

メモ3: 鶏肉は表面を焼く

バターチキンカレーの手順写真その2

焼くことによって、肉質がやわらかくなり、味もよくなります。あとで煮るので、表面が焼ける程度でよいです。

メモ4: 煮すぎない

バターチキンカレーの手順写真その3

煮すぎると水分が飛びドロドロになってしまうので、トマト缶を入れ、全体がふつふつと煮えたら次の工程にいきます。

メモ5: 最後は煮立たせない

バターチキンカレーの手順写真その4

煮立って生クリームが分離しないよう火加減に注意しつつ、ルーが溶けるまでよく混ぜます。

メモ6: 冷蔵/冷凍保存

バターチキンカレーの保存写真

  • 冷蔵

    プラ容器だと色移りするので、ホーローやガラス素材などの容器で保存します。

  • 冷凍

    冷凍保存用のポリ袋に1~2人分、平たく入れ、霜がつかないよう空気を抜いて凍らせます。

調理道具・調味料のご紹介

エバラ 横濱舶来亭 カレーフレーク中辛
Amazon, 楽天
マイヤー フライパン26cm
Amazon, 楽天
マスコット ガラムマサラ
Amazon

今回使った保存容器

つくおき保存容器

商品名: つくおきコラボ 保存容器L

容量: 1200mL

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。