ゴーヤチャンプルー

沖縄料理の定番、ゴーヤチャンプルーのレシピです。豆腐も1丁まるごと入れてボリューム満点。お弁当にもぴったりです。お好みで唐辛子やおかかをかけて召し上がってください。表示の調理時間は豆腐の水切り時間を含んでいません。

ゴーヤチャンプルーの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器大1個分

ゴーヤ1本(約200g)

豚バラ薄切り肉約200g

木綿豆腐1丁(350g)

3個

ひとつまみ

◎おかか小分け1袋(2.5g)

◎和風だしの素(メモ15g

◎醤油小1

◎塩小1/3

ざっくり作り方

豆腐は半分の厚さに切り、水切りします(メモ2)。

ゴーヤは両端を少し切り落とし、縦半分に切ります。スプーンでわたと種を取り除いたら、2mm幅の薄切りにし、塩もみをして5分ほど置いておきます(メモ3)。

豚肉は食べやすい大きさに切ります。卵はボウルで溶きほぐします。

フライパンに少量の油を熱し、中火で豚肉を炒めます。

さっと水洗いして水気を切ったゴーヤを入れ、全体に油がまわるよう炒め合わせます。

手でちぎった豆腐、◎を入れ、やさしく炒め合わせます(メモ4)。

溶き卵を入れ、ふんわりと炒めて、完成。

お料理メモ

メモ1:和風だしの素について

和風だしの素は商品によって塩分量が異なるので、お使いのものに合わせて塩の量を調整してください。私は食塩無添加のだしの素を使っています。

メモ2:豆腐の水切り

ゴーヤチャンプルーの手順写真その1

早く水切りできるよう半分の厚さに切り、重しをのせて30分ほど置いておきます。しっかり水切りすると、日持ちも食感もよく出来上がります。

メモ3:ゴーヤの下ごしらえ

ゴーヤチャンプルーの手順写真その2

  • ゴーヤはわたも種も食べられるので、取り除くかどうかはお好みでよいです。
  • 苦味も味わいたいので塩もみだけにしています。苦味が苦手な方は砂糖も一緒にもみ込んだり、塩ゆでしたりしてください。

メモ4:炒めるときのポイント

ゴーヤチャンプルーの手順写真その3

  • 豚バラ肉から脂が出るので、炒め油は少量、もしくはなくてもよいです。
  • 豆腐を入れたら、崩れすぎないよう、スプーンなどでやさしく炒めます。

調理道具・調味料のご紹介

和平フレイズ パンチングざる 3点セット(Amazon楽天
リケン 素材力だし こんぶだし(Amazon楽天
木屋 三徳包丁(Amazon楽天

今回使った保存容器

つくおき保存容器

商品名:つくおきコラボ 保存容器L

容量:1200ml