豚肉の梅ぽん焼き

料理ビギナーでも簡単に作れる、豚肉の梅ぽん焼きのレシピです。梅とポン酢のさっぱり味。食べたときに感じる風味もおいしいです。キャベツを巻いて食べたりしても。
表示の日持ちは、漬け込んだ状態での保存日数です。

豚肉の梅ぽん焼きの料理写真

冷蔵保存: 4

材料(保存容器大1個分
食べきりの場合 2~3人分

豚ロース肉しょうが焼き用約300g

梅干し(メモ1大2粒

◎味付けポン酢(メモ1大3

◎みりん大2

ざっくり作り方

豚肉はフォークなどで数カ所穴をあけ、お好みで食べやすい大きさに切ります。梅干しは種を取り、包丁やスプーンでたたいてペースト状にします。

保存容器またはポリ袋に梅ペースト、◎を入れ、混ぜ合わせます。豚肉を入れ、全体を漬け込みます。作り置きの場合、この状態で冷蔵(冷凍)保存します(メモ2)。

フライパンに油を熱し、豚肉を入れ、弱めの中火で広げながら焼きます。表面が焼けたら、漬け汁をかけ、全体に味をからませて、完成(メモ3)。

お料理メモ

メモ1: 材料について

  • 梅干し

    しそ漬けの大粒を使いました。豚肉にからむよう、よくペーストするとよいです。

  • 味付けポン酢

    「ポン酢醤油」ともいいます。いろいろな商品があります。

メモ2: 漬けるときのポイント

豚肉の梅ぽん焼きの手順写真その1

  • 保存容器のメリット: きれいに広げて、見ためよく焼ける。デメリット: 漬かり方にムラがでるかも。
  • ポリ袋のメリット: まんべんなく漬かる。デメリット: 肉どうしがくっつきやすい。
  • 漬けたその日に焼く場合でも、20分以上は漬け込んだほうがよいです。
  • 漬けて2、3日めが味もしみて、食べごろだと思います。

メモ3: 焼くときのポイント

豚肉の梅ぽん焼きの手順写真その2

豚肉や梅ペーストの焼きすぎに注意し、焼けたらすぐ皿に移します。

メモ4: 冷凍保存

  • 小分けにするか、まるごと冷凍保存用のポリ袋に入れ、平たくして空気を抜いて凍らせます。
  • 焼くときは、冷蔵庫に移して半日から1日かけて解凍します。凍ったまま焼いてもよいですが、肉質が固く仕上がります。

調味料・調理道具のご紹介

岡畑農園 庭園梅しそ漬
Amazon, 楽天
内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢
Amazon, 楽天
下村工業 肉すじ切り器
Amazon, 楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名: 野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量: 800mL

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。