鶏肉のラー油しょうゆ炒め

漬けて焼くだけのお手軽ピリ辛おかず、鶏肉のラー油しょうゆ炒めのレシピです。薬味の長ねぎで風味もしっかり。漬けることで、鶏もも肉がプリッとやわらかくなっています。
表示の日持ちは、漬け込んだ状態での保存日数です。

鶏肉のラー油しょうゆ炒めの料理写真

冷蔵保存: 4

材料(保存容器大1個分
食べきりの場合 3~4人分

鶏もも肉約350g

長ねぎ(白い部分)1本

◎醤油大1

◎酒大1/2

◎砂糖小1

◎ラー油小1(メモ1

ざっくり作り方

鶏肉は余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、3〜4cm角に切ります。長ねぎはみじん切りにします。

ポリ袋に長ねぎ、◎を入れ、袋の上から手でもんで混ぜます。

鶏肉を入れ、よくもみ込み、そのまま漬けます。作り置きの場合、この状態で冷蔵(冷凍)保存します(メモ2)。

フライパンに少量の油を熱し、材料をポリ袋から取り出し、中火で5~6分かけて焼いて、完成(メモ3)。お好みで、追加でラー油をまわしかけます。

お料理メモ

メモ1: ラー油の分量

小さじ1でちょい辛くらいです。辛いのが好きなら、小さじ2くらい使ってもよいと思います。

メモ2: 漬けるときのポイント

鶏肉のラー油しょうゆ炒めの手順写真その1鶏肉のラー油しょうゆ炒めの手順写真その2
  • 漬けたその日に焼く場合でも、鶏肉に味がつくよう、20分以上は漬け込んだほうがよいです。
  • 漬け汁がもれる可能性もあるので、バットや保存容器に入れて保存するとよいです。

メモ3: 焼くときのポイント

鶏肉のラー油しょうゆ炒めの手順写真その3

  • 鶏肉は室温に戻してから焼きます。冷たいまま焼くと、中と外で火の通りにムラが出ます。
  • 長ねぎが焦げないよう火力に気をつけながら、鶏肉の表面がきつね色になるよう焼きます。

メモ4: 冷凍保存

  • 冷凍保存用のポリ袋に入れ、平たくして空気を抜いて凍らせます。
  • 焼くときは、冷蔵庫に移して半日から1日かけて解凍し、そのあと冷蔵庫から出して室温に戻します。

調理道具・調味料のご紹介

下村工業 肉すじ切り器
Amazon, 楽天
フンドーキン 吉野杉樽天然醸造醤油
Amazon, 楽天
九鬼 香辛胡麻辣油
Amazon, 楽天

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。