ミニトマトのはちみつマリネ

さっぱり甘酸っぱくて食べやすい。見ためもかわいいミニトマトのはちみつマリネのレシピです。おつまみやおもてなしにも。湯むきのポイントもまとめています。ひと晩以上漬けてからが食べごろです。

ミニトマトのはちみつマリネの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器小1個分

ミニトマト20個

◎はちみつ大1.5

◎穀物酢大1

◎油(メモ1大1/2

◎塩少々

ざっくり作り方

ミニトマトはへたを取り、水洗いし、フォークなどで皮に軽く切り込みを入れます(メモ2)。

耐熱ボウルにミニトマトを入れ、熱湯をそそぎ、30秒ほど置いておきます(メモ3)。

湯を捨て、流水にあてながら皮をむきます(メモ4)。

ボウルに◎を入れ、よく混ぜ合わせます。ミニトマトを入れ、やさしく和えて、完成。

お料理メモ

メモ1:油について

オリーブオイルなど、お好みの油をお使いください。

メモ2:ミニトマトの下ごしらえ

皮に切り込みを入れることで、湯むきがしやすくなります。爪楊枝でさしたり包丁で切り込みを入れたり、いろいろやり方はありますが、私はフォークでへたの部分あたりを軽くさしています。

メモ3:熱湯につける

  • 私は電気ケトルで沸かした湯を使っています。
  • 長時間熱湯につけるとトマトがふやけてしまうので、30秒ほどつけたら、すぐに湯を捨てて流水にあてます。

メモ4:湯むきのポイント

  • 勢いよく流水をあてると、熱湯でさけた皮がスルッとむけます。むけないトマトもあるので、その場合は皮のさけめからやさしくむきます。
  • むきづらいトマトは、へたの部分からやさしくむきます。

レシピ動画

レシピ動画では構成上、氷水につけて湯むきしています。流水も氷水も、むきやすさや手間は変わらないので、やりやすいと思うほうでよいです。

調理道具・調味料のご紹介

かの蜂 国産百花蜂蜜(Amazon楽天
タイガー 電気ケトル 800ml(Amazon楽天
iwaki 耐熱ボウル3点セット(Amazon楽天

今回使った保存容器

商品名:野田琺瑯 ラウンド 10cm

容量:280ml