基本の筑前煮

基本の調味料で作る筑前煮のレシピです。根菜がたっぷり入った、冷めてもおいしい煮物。食材の下ごしらえや煮るときのコツなど、おいしく作るポイントも写真付きで紹介しています。

筑前煮の料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏もも肉約250g

板こんにゃく1枚(250g)

れんこん1節(約200g)

にんじん1本(約150g)

ごぼう細1本(約100g)

ゆで絹さや4~5枚(お好みで)

◎酒大2

◎みりん大1.5

◎砂糖大1.5

◎水100mL

◯醤油大3

ざっくり作り方

こんにゃくは適当な大きさにちぎり、下ゆでします。ごぼうは2~3cm幅の斜め切りに、れんこんは半月切りにし、どちらも水にさらします。にんじんは小さめの乱切りにします(メモ1)。

鶏肉は室温に戻します。余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、ひとくち大に切ります。

鍋に油を熱し、鶏肉を入れ、中火で表面の色が変わるくらいまで炒めます。

3にこんにゃく、野菜を入れ、全体に油がまわるよう炒め合わせます(メモ2)。

4に◎を入れ、ふたをして煮立たせます。煮立ったらふたを取り、◯を入れます。落としぶたをし、弱火で20分ほど煮ます。

煮汁がほどよく少なくなるまで煮込み、完成(メモ3)。お好みで絹さやを散らします。

お料理メモ

メモ1:食材の下ごしらえ

筑前煮の手順写真その1筑前煮の手順写真その2
  • こんにゃくは手やスプーンでちぎります。断面がでこぼこになり、味がしみ込みやすくなります。
  • れんこんは小さかったら輪切りに、大きかったらいちょう切りにするなど、食べやすい大きさに切ってください。
  • ごぼうとれんこんは、同じボウルで水にさらしています。

メモ2:煮るまえに炒める

筑前煮の手順写真その3筑前煮の手順写真その4
  • 鶏肉は表面を焼くことによって肉のくさみが飛び、香りが立ちます。焼いたほうが食感もよいです(焼かずに煮るとボソボソした食感になる)。
  • 野菜は炒めることによって旨味や甘味が引き出されます。味のしみ込みもよくなります。

メモ3:煮るときのポイント

筑前煮の手順写真その5筑前煮の手順写真その6
  • クッキングシートに切り込みを入れ、それを落しぶたとして使っています。水分が飛ぶよう、多めに切り込みを入れています。
  • ある程度煮汁が少なくなったら落としぶたを取り、全体をかき混ぜます。具材に照りが出て、見ためもおいしく仕上がります。
  • 鍋底に煮汁が少し残るくらいまで煮込みます。

調理道具のご紹介

宮崎製作所 ジオ両手鍋 20cm(Amazon楽天
クックパー クッキングシート(Amazon楽天
オクソー 計量カップ 250mL(Amazon楽天

今回使った保存容器

noda_f_m

商品名:野田琺瑯 レクタングル深型M

容量:850ml