和洋中にアレンジできる。基本のほぐし蒸し鶏

鍋でしっとり柔らかく調理したヘルシーな鶏むね肉。いろいろな料理にアレンジできて、財布にも優しい常備菜です。調理時間が長めですが、鍋に入れて置いておく時間がほとんどなので、調理自体は簡単な作り置きレシピです。
野菜と一緒にチーズをのせて焼いてもおいしいですよ。記事後半ではオススメのアレンジレシピも紹介しています。

ほぐし蒸し鶏の常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉約400g

砂糖大1/2

小1/2

ざっくり作り方

鶏むね肉は余分な脂を取り除き、観音開きにして数カ所穴をあけ、砂糖、塩の順番に揉み込みます(メモ1)。

1を耐熱性があり密閉できるポリ袋に入れたら、ポリ袋内の空気をできるだけ抜いて、口を閉じます。

大きな鍋に水をたっぷり入れ、沸騰したら火を止めて、2を入れてフタをしたら、1時間ほどそのまま置いておきます。

鍋から出した3を手でほぐし(メモ2)、蒸し汁と一緒に保存容器に入れて、完成。

お料理メモ

メモ1:むね肉の下ごしらえ

皮はお好みで取り除いてください。
砂糖が水分を閉じ込め、また、塩のむね肉を柔らかくする効果によって、作り置きにしても柔らかさを保ってくれます。
私は前日に下ごしらえをして一晩置いておきますが、1〜2分揉み込むだけでも効果があります。

メモ2:熱さに注意

鍋や部屋の室温によっては1時間経っても鶏肉が熱い場合もあるので、手でほぐす時は注意してください。
ピンセットやフォークを使ってもほぐせるので、熱くて手ではできない場合、コチラをお試しください。

アレンジレシピ

棒棒鶏(バンバンジー)

棒棒鶏(バンバンジー)のレシピ野菜を切って、たれをかけるだけの簡単中華レシピ。たれのレシピも記載しています。

ほぐし蒸し鶏と野沢菜のだし茶漬け

ほぐし蒸し鶏と野沢菜の出汁茶漬けのレシピほぐし蒸し鶏を使ったやさしい味のだし茶漬けです。さらっと食べられます。

ほぐし蒸し鶏のポテトガレット

ほぐし蒸し鶏を使った、フライパンで作るガレットのレシピ。焼きたてカリホク食感のじゃがいもと、チーズがおいしいです。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml