春になったら食べたくなる。豆ご飯

春に出回る、緑の彩りが良いえんどう豆を使った、炊き込みご飯のレシピ。豆の甘みと、塩味をしっかりめにきかせているので、これだけで箸がすすむ味わいです。
冷凍で2週間程度保存できます。

豆ご飯のレシピ

冷凍保存:2週間

材料(米2合分

2合

えんどう豆(メモ180g(正味)

◎水360ml

◎塩小1.5

だし昆布5cm×10cm(目安)

ざっくり作り方

えんどう豆はさや付きの場合はさやから出し、軽く水で洗います。

お米は洗ったらざるにあげて水気を切り、炊飯器の内釜に入れて、続けて1と◎も入れます。(メモ2

炊飯器で普通に炊き、炊きあがったら、えんどう豆が潰れないように注意して混ぜ合わせ、完成。

お料理メモ

メモ1:お豆

えんどう豆はさや付きでも、さやなしでも、どちらでも大丈夫ですが、風味などより美味しく仕上がるのはさや付きのものと言われています。
さやなしのものは、グリーンピースと表記している場合もあるので、それを使います。
関西では、”うすいえんどう”という品種のえんどう豆もあるので、そちらを使っても良いです。

メモ2:水加減と調味料

水加減は普通にお米だけを炊く場合と同じです。
使うお米と炊飯器によって仕上がりが異なることもあると思うので、記載している水の量を目安に調整してくださいね。

だし昆布は風味をよくするために入れていますが、ない場合は白だしや和風顆粒だしなどでも代用できます。代用する場合は塩加減、水加減を調整してください。

メモ3:保存方法

ご飯は冷蔵保存だと水分が飛んでパサパサしてしまうので、冷凍保存がオススメです。
冷凍庫で2週間以上保存しても大丈夫だと思いますが、冷凍臭がついてしまうこともあるので、目安として2週間にしています。