れんこんと大根のみぞれ雑炊

ほっと落ち着いてからだも温まる、れんこんと大根のみぞれ雑炊のレシピです。わが家では、風邪をひいたり、のどが痛かったり、胃腸の調子が悪かったりするときの療養食としても活躍しています。

れんこんと大根のみぞれ雑炊の料理写真

材料(2~3人分

ご飯2杯分

れんこん1節(約150g)

大根1/8本(約150g)

長ねぎ1本

しょうが2かけ

2個

600mL

◎和風だしの素小1

◎塩小1/2

お好みで

小ねぎお好みで

ざっくり作り方

れんこん、大根、しょうがは皮をむき、すりおろします。長ねぎは根元を切り落とし、薄切りにします。卵はボウルで溶きほぐします。

鍋に水を入れ、火にかけます。煮立ったらご飯、れんこん、しょうが、長ねぎ、◎を入れ、弱火~中火で5分ほど煮ます(メモ1)。

ほどよく煮えてご飯が水分を吸ったら、大根を入れ、全体をかき混ぜます(メモ2)。

溶き卵をまわし入れ、ふたをして数秒間蒸らしたら、完成。お好みで塩で味をととのえ、小ねぎを散らします。

お料理メモ

メモ1:煮るときのポイント

ふきこぼれやすいので、ときどきかき混ぜたり、火加減を調整したりしてください。

メモ2:大根は後半に入れる

大根に含まれる胃炎の改善や風邪の予防になる成分は、加熱しないほうが効力があるらしいので、ほかの食材が煮えてから入れます。

手順写真

れんこんと大根のみぞれ雑炊の料理手順その1れんこんと大根のみぞれ雑炊の料理手順その2
れんこんと大根のみぞれ雑炊の料理手順その3れんこんと大根のみぞれ雑炊の料理手順その4

※ 作り方の番号と手順写真の番号は必ずしも一致しているわけではありません。

調理道具のご紹介

商品名:プリンス工業 おろしま専科

すべり止めつき

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。