懐かしさ感じる定番おかず。里芋の煮っころがし

里芋の定番料理、煮っころがし。ホクホクねっとり食感が美味しく、丁寧に煮た里芋は色もきれいで食欲をそそります。冷めたままでも温め直してもおいしい作り置きレシピです。
油で炒めることで油のうま味が加わり、煮崩れしづらくなります。

里芋の煮っころがしの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器中1個分

里芋1袋(約400g)

◯塩小1

◎水150ml

◎酒大1.5

◎みりん大1.5

◎醤油大1

ざっくり作り方

里芋は泥を水で落としたら、金属製のスプーンなどで上から下にこするように皮をむき(メモ1)、上下を切り落とし、大きいものは食べやすい大きさに切ります。

鍋に1、1がかぶるくらいの水、◯の塩を入れて火にかけ、煮立ったら火を弱め4分ほど煮て、ざるにあげます。鍋のお湯は捨てます。(メモ2

鍋に油を熱し、2を入れ、表面に油が行き渡るくらいまで炒めます。

3に◎を入れて、落しぶたをします。煮立ったら弱めの中火で煮汁が少なくなるまで煮て(メモ3)、完成。

お料理メモ

メモ1:里芋の皮

スプーンを使うことで包丁より簡単に表面の皮をむけます。皮がきれいにむけないところは、包丁を使って里芋の形に沿ってむきます。

メモ2:ぬめりを取る

里芋のぬめりを取るために、塩を入れたお湯で下茹でしています。

メモ3:途中で煮汁を絡ませる

煮汁が少なくなってきたら、途中で落しぶたを取り、煮汁を里芋に絡ませます。味が全体に行き渡り、色もきれいに仕上がります。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル深型S ホワイトシリーズ

容量:500ml