彩りおかず。チンゲン菜と桜えびのオイスター炒め

チンゲン菜と干し桜えびを使った旨味たっぷりの炒め物レシピ。どの食材も年間を通して手に入るので季節を問わずに作れて、赤と緑でお弁当の彩りにも使える副菜です。
桜えびはスーパーなどの乾物コーナーに置いてあります。

チンゲン菜と桜えびのオイスター炒めの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:4

材料(保存容器中1個分

チンゲン菜2株

干し桜えび10g

にんじん1/2本

◎酒大1/2

◎オイスターソース小2

◎砂糖小1

◎中華スープのもと小1/2

ざっくり作り方

チンゲン菜は2cm幅くらいに切ります(メモ1)。にんじんは細切りにします。

フライパンに油を熱し、中火でにんじんがしんなりするまで炒めます。

2にチンゲン菜を茎の方から入れて炒め合わせます(メモ2)。

3に◎を入れて炒め合わせたら、最後に桜えびを入れて軽く炒め合わせ、完成。

お料理メモ

メモ1:チンゲン菜の下ごしらえ

チンゲン菜は、茎に切り込みを入れて、縦2等分にさきます。葉と茎を切り分けたら、葉はさっと水洗いし、茎は流水かボウルに水をはって、根元に残っている土をよく洗い落とします。
葉はざく切りにし、茎は大きさによってさらに縦に切ってから、ざく切りにします。

メモ2:チンゲン菜は時間差で炒める

茎の方は火が通りにくいので、茎から炒め、全体に油がまわったら、葉を入れて炒め合わせます。

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX ハーフ (グリーン)

容量:500ml