ピリ辛蒸し鶏

レンジで作れる簡単なピリ辛蒸し鶏のレシピです。中華料理「よだれ鶏(口上鶏)」をイメージしたコクのあるピリ辛だれが、しっとりヘルシーな蒸し鶏においしくからんでいます。
表示の調理時間は、鶏肉を漬ける時間を含まない目安の時間です。

ピリ辛蒸し鶏の料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉約400g

◯液体塩こうじ(メモ1大2

◎ごま油大1

◎砂糖小2

◎醤油小2

◎みそ小1

◎ラー油(メモ1小1/2

◎五香粉(メモ1お好みで

小ねぎお好みで

ざっくり作り方

鶏肉は皮と余分な脂を取り除き、観音開きにし、フォークなどで数カ所穴をあけます(メモ2)。

ポリ袋に鶏肉、◯を入れ、よくもみ込み、できるだけ空気を抜いて冷蔵庫でひと晩寝かせます。

鶏肉を袋から出し、室温に戻します。耐熱皿に鶏肉を置き、ぴったりとラップをし、150wの電子レンジで10分加熱します。裏返して、さらに5分加熱します(メモ3)。

◎はボウルで混ぜ合わせます。

蒸し鶏を適当な大きさに切り、保存容器に肉汁ごと入れ、上から◎をかけて、完成(メモ4)。お好みで小ねぎを散らします。

お料理メモ

メモ1:調味料について

<液体塩こうじ>
ハナマルキの液体塩こうじを使っています。漬けるだけで鶏むね肉がとてもやわらかくなります。液体なので計量もしやすいです。

<ラー油>
ラー油はお好みの辛さに合わせて分量を調整してください。小さじ1/2でほんのり辛いくらいです。ラー油を増やす場合は、そのぶんごま油の分量は減らしたほうがよいです。

<五香粉>
五香粉(ウーシャンフェン)は中国の混合スパイスです。肉・魚料理などに使えて、アジアンな風味に仕上がります。

メモ2:鶏肉の観音開き

まず、鶏肉の中央に厚み半分くらいまで切り込みを入れ、次にそこから左右に切り込みを入れます。開いたときにできるだけ肉の厚さが均等になるように、切り込みを入れてください。

メモ3:電子レンジは低出力で加熱する

  • ぴったりとラップをして低出力(150~200w)で加熱することで、しっとりとした仕上がりになります。
  • 鶏肉の加熱後は火の通り具合を確認し、まだ生っぽい部分があるようなら、追加で30秒ずつ加熱してください。

メモ4:完成後のポイント

  • 容器の底のほうに調味料がたまるので、軽く上下を混ぜてから取り分けるとよいです。
  • 冷凍保存もできます。解凍するときは、冷蔵庫に入れるか、電子レンジの解凍モードを使うのがオススメです。

調味料のご紹介

ハナマルキ 液体塩こうじ(Amazon楽天
九鬼 香辛胡麻辣油(Amazon楽天
マスコット 五香粉(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml