キャベツメンチカツ

素朴でおいしい、フライパンで作るキャベツメンチカツのレシピです。キャベツがしっかり入った、野菜も食べられるメインおかず。余りキャベツの救済にも使えます。ソースをつけて召し上がってください。

キャベツメンチカツの料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

<肉だね>

豚ひき肉(メモ1約300g

キャベツ1/4玉(約200g)

小1/2

◯片栗粉大1

◯塩少々

◯ブラックペッパー少々

◯ナツメグ少々

<衣>

◎片栗粉大1

◎水大1

パン粉大7~8

ざっくり作り方

キャベツは水洗いして水気を切り、みじん切りにします。ボウルにキャベツ、塩を入れ、塩もみして10分ほど置いておきます。ざるにあげ、手でしぼってしっかりと水気を切ります(メモ2)。

ボウルに豚ひき肉を入れ、粘りが出るまでこねます。キャベツ、◯を入れ、さらによくこねます。こねたらラップをし、冷蔵庫で30分~1時間ほど寝かせます(メモ3)。

◎はボウルでよく混ぜ合わせます。パン粉はバットやトレイに広げます。

肉だねを8等分して成形し、◎、パン粉を順番につけます(メモ4)。

フライパンに多めの油を熱し、中火で片面を3分、裏返してもう片面も5~6分ほど揚げ焼きにします。金網にあげて油を切り、完成(メモ5)。

お料理メモ

メモ1:ひき肉について

合びき肉や牛ひき肉でもよいです。豚ひき肉の割合が高いほど、あっさりめのメンチカツになります。

メモ2:キャベツの下ごしらえ

キャベツメンチカツの手順写真その1キャベツメンチカツの手順写真その2
  • 肉だねによく混ざり合うよう、キャベツはしっかりみじん切りにします。
  • しっかりと水気が切れるよう、キッチンペーパーをかぶせて手でぎゅっとしぼるとよいです。

メモ3:肉だねづくりのポイント

キャベツメンチカツの手順写真その3

  • キャベツがまんべんなく混ざるよう、しっかりこねます。
  • こねたら、冷蔵庫で少なくとも30分~1時間くらいは寝かせるとよいです。味がなじみ、成形もしやすくなります。

メモ4:成形のポイント

キャベツメンチカツの手順写真その4キャベツメンチカツの手順写真その5
  • シリコンのへらがあると、分割したり取り出したりがラクにできます。
  • 両手で肉だねをキャッチボールするようにして空気を抜いて成形したら、真ん中を少しくぼませます。
  • パン粉をつけたら、崩れないようやさしくバットに並べます。

メモ5:揚げ焼きのポイント

キャベツメンチカツの手順写真その6キャベツメンチカツの手順写真その7
キャベツメンチカツの手順写真その8キャベツメンチカツの手順写真その9
  • 直径26cmのフライパンに大さじ4ほどの油をひいています。
  • 裏返す以外はほとんど動かさないようにします。裏返すときは、崩れないようフライ返しなどを使うとよいです。
  • 両面とも揚げたら、仕上げに側面を転がしながら揚げ焼きにします。
  • 全体がきつね色に揚がったら、さっと金網に取り出して油を切ります。

メモ6:再加熱にはオーブンがオススメ

食べるときはオーブンやトースターで再加熱すると、余分な油も落ちてサクッとした仕上がりになります。

メモ7:冷凍保存

キャベツメンチカツの冷凍写真

冷凍保存用のポリ袋に入れ、平たくして空気を抜いて凍らせます。

調味料・調理道具のご紹介

タイガークラウン シリコンゴムヘラ(Amazon楽天
和平フレイズ パンチングざる 3点セット(Amazon楽天
野田琺瑯 バット キャビネ(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml