ほうれん草とベーコンのキッシュ

サクッとおいしいほうれん草とベーコンのキッシュのレシピ。朝ごはんやお弁当おかず、小腹がすいたときにもオススメ。ベーコンとチーズが、ほうれん草の旨味を引き立てています。
レシピではパイ生地も自作していますが、冷凍パイシートを使ってもよいです。

ほうれん草とベーコンのキッシュの料理写真

冷蔵保存:3

材料(直径22cmのパイ皿

<パイ生地>

◯薄力粉120g

◯油30g

◯牛乳50g

◯塩3g

<具材>

ほうれん草1袋(6~8株)

塩(塩ゆで用)小1

ハーフベーコン(メモ18枚

コーン(メモ1お好みで

◎卵2個

◎牛乳2/3カップ

◎顆粒コンソメ小1

ミックスチーズ適量

ざっくり作り方

オーブンは220度に予熱します。

ボウルに◯を入れ、フォークなどで混ぜます。ひとまとまりになったら薄くのばします。パイ皿の内側に少量の油をまんべんなく塗り、生地をしき、冷蔵庫で冷やします(メモ2)。

ほうれん草は水洗いし、塩ゆでしてしっかりと水気を切り、3~4等分に切り分けます(メモ3)。ベーコンは1cm幅の細切りにします。

冷蔵庫から出したパイ皿に、ほうれん草、ベーコン、コーン、ほうれん草、ベーコンの順番で具材を重ねて入れます。

ボウルに◎を入れ、よく混ぜ合わせたら、パイ皿に流し入れます。表面を平らにし、上からチーズをかけます(メモ4)。

220度のオーブンで20~25分ほど焼き、完成(メモ5)。

お料理メモ

メモ1:具材について

<ベーコン>
ベーコンのかわりにハムやソーセージを使ってもよいです。

<コーン>
コーンは冷凍食品でも缶詰でも、ゆでたものであればどれでもよいです。

メモ2:生地のポイント

ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その1ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その2
  • 混ぜると、上の写真のようなだいたいひとまとまりの生地になります。
  • ひとまとまりになったら、めん棒か手で薄くのばしてパイ皿にしきます。めん棒のほうが均一の厚さになりますが、私はめんどうなので手でのばしています。
  • パイ皿にしいたら、生地がダレないよう、焼くまで冷蔵庫で冷やします。

メモ3:ほうれん草の下ごしらえ

オーブンで焼くので、さっとゆでるくらいでよいです。ほうれん草の下ごしらえやゆで方については、コチラをご覧ください。写真付きで詳しく紹介しています。

メモ4:具材のポイント

ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その3ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その4
ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その5ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その6
  • 卵液は泡立つくらいしっかりと溶きほぐします。
  • 具材はパイ皿にまんべんなく散らします。

メモ4:焼くときのポイント

ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その7ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その8

途中で様子を見て、表面が焦げそうなときは温度を下げるか、アルミホイルをかぶせてください。

メモ5:完成後のポイント

ほうれん草とベーコンのキッシュの手順写真その9

  • あら熱が取れたら適当な大きさに切り分けます。保存容器に入れるか、もしくはラップで包み、冷蔵/冷凍保存します。
  • 食べるときは電子レンジで軽く温めてからオーブンなどで焼くと、サクッとした仕上がりになります。

調理道具・調味料のご紹介

デロンギ コンベクションオーブン(Amazon楽天
パール金属 ミニ泡立て器(Amazon楽天
味の素 顆粒コンソメ(Amazon楽天

今回使った保存容器

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml