鶏むね肉となすの甘酢炒め

プリッとした食感がうまい、鶏むね肉となすの甘酢炒めのレシピです。まろやかな甘酢っぱさで、子どもも食べやすい味になっています。酢と下ごしらえの効果で、作り置きでも鶏むね肉がやわらか。

鶏むね肉となすの甘酢炒めの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器大1個分
食べきりの場合 3~4人分

鶏むね肉約250g

なす3本

◯砂糖大1/2

◯塩小1/2

片栗粉大1

◎調味酢(メモ1大3

◎みりん大2

◎醤油大2

大葉4~5枚

いりごま大1

ざっくり作り方

鶏肉は室温に戻します。余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、ひとくち大に切り、◯の砂糖、塩を順番によくもみ込みます(メモ2)。

フライパンに油を入れます。

なすはへたを切り落とし、横半分に切ったら、さらに縦半分に切り、皮に斜めの切り込みを入れます。切ったらすぐにフライパンに入れ、油をからませます(メモ3)。

フライパンを中火にかけ、なすを端によせたら、片栗粉をまぶした鶏肉を入れ、表面の色が変わるくらいまで炒めます(メモ4)。

◎を入れ、5分ほど、水分がほどよく飛ぶまで煮からめます。みじん切りにした大葉、いりごまを入れ、さっとからめて、完成。

お料理メモ

メモ1:調味酢について

マイルドな酸味が特徴で、合わせ酢ともいいます。普通の穀物酢を使う場合は、酢の分量を少し減らし、砂糖を少し加えるとよいです。

メモ2:砂糖と塩をもみ込む

鶏むね肉となすの甘酢炒めの手順写真その1

砂糖と塩をもみ込みことで、保水効果により鶏むね肉がやわらかく仕上がります。砂糖と塩どちらも、つやが出るまでしっかりもみ込みます。

メモ3:なすの下ごしらえ

鶏むね肉となすの甘酢炒めの手順写真その2

炒めるまえに油をからませます。炒めたときにプリッとした仕上がりになります。アク抜きはしなくてよいです。

メモ4:片栗粉をまぶす

鶏むね肉となすの甘酢炒めの手順写真その3

味がからんで食感もよくなります。ポリ袋に鶏肉と片栗粉を入れてシャカシャカふると、早くラクにまぶせます。

調理道具・調味料のご紹介

ミツカン やさしいお酢(Amazon楽天
万上 純米本みりん(Amazon楽天
肉筋切り器 ミートテンダライザー(Amazon楽天

今回使った保存容器

つくおき保存容器

商品名:つくおきコラボ 保存容器L

容量:1200ml