丼にしても。ご飯がすすむピリ辛鶏そぼろ

コチュジャンを使ってピリ辛に仕上げた鶏そぼろのレシピです。ご飯との相性が最高。作り方はシンプルで簡単なので、時間がないときにもオススメ。
お弁当にも使いやすいメインおかずですが、色移りには注意してください。

ピリ辛鶏そぼろの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分
食べきりの場合 3~4人分

鶏ももひき肉約500g

◎みりん大2

◎コチュジャン大1.5

◎砂糖大1

◎醤油大1

◎ごま油小1

ざっくり作り方

フライパンには油をひかず(メモ1)、中火でひき肉の色が変わるまで炒めます。

1に◎の調味料(メモ2)を入れて炒め合わせ、水分がほどよく飛ぶまで炒めたら、完成。

お料理メモ

メモ1:油をひかない

私はフッ素樹脂加工のフライパンを使用しています。また、炒めていると鶏ももひき肉から油が出るため、油をひいていません。お手持ちのフライパンがこびり付きやすい場合は、油を適量使用してくださいね。

メモ2:調味料の分量

レシピに記載している調味料の分量で、ほんのり辛くて甘みも感じる味付けになります。食べ始めは少し薄く、食べ進めていくとちょうど良い濃さになっていく感じでした。

メモ3:オススメの食べ方

写真のように丼にしても。ご飯がすすみます。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml

nozomi 森 望(nozomi)

つくおきの中の人。レシピの考案や、サイトの管理運用などをしています。4歳と0歳の男の子の母。