魚介の旨味。ほうれん草とツナのオイスター炒め

ツナとオイスターソースの魚介系の旨味がほうれん草によく絡んだ炒め物のレシピ。材料と作り方どちらもシンプルなので、作りやすいと思います。
ほうれん草は鍋で茹でたあとにフライパンで炒めるので、固めに茹でるのがポイントです。

ほうれん草とツナのオイスター炒めの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:4

材料(保存容器中1個分

ほうれん草1袋

ツナ缶(オイルタイプ)1缶

◎みりん大1

◎オイスターソース小2

ざっくり作り方

ほうれん草は、茎の根元や葉についている土を洗い落とし、お湯を沸かした鍋で固めに茹でます(メモ1)。

茹で上がったら、ざるにあげて粗熱をとり、軽く絞って水気を切ります。根元を切り落として、食べやすい長さに切ります。

フライパンにツナ缶を缶汁ごと入れて中火で炒めたら、次に2を入れて炒め合わせます(メモ2)。

3に◎を入れ、◎が全体にまわるように炒め合わせ、完成。

お料理メモ

メモ1:土の落とし方と茹で加減

ほうれん草の根元に軽く十字の切り込みを入れて、大きめのボウルでしばらく水につけておくと、土がボウルの底に落ちてきます。そのあと、流水か水の中でジャブジャブゆるすようにして洗います。
茹で加減は、茎から鍋に入れて30秒ほど茹でたら、葉を入れて、さらに30秒ほど茹でます。

メモ2:炒め加減

ほうれん草は茹でて火を通しているので、さっとツナ缶の油がまわるくらいで大丈夫です。ノンオイルタイプのツナ缶を使う場合は、炒めるときに油を少量入れてください。

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX ハーフ (グリーン)

容量:500ml