20分で食卓へ!秋の味覚でボリュームしっかりな献立

秋の味覚でボリュームしっかりな献立の写真

20分で作れる2人分の献立を手順つきでご紹介します。秋を感じる旬の食材を使った、満足感じゅうぶんな献立メニュー。メインは手間なし、きのこの香りがおいしい鮭料理です。

もくじ

1. 献立

おかず
メイン 鮭ときのこのバター醤油包み焼き
副菜① 白菜と厚揚げの甘辛煮
副菜② かぼちゃとツナのチーズ風味サラダ

メイン1品、副菜2品の、バランスのよい計3品です。副菜が2品とも食べごたえしっかり。白菜の甘辛煮はからだも温まります。かぼちゃサラダは彩りもよいおかずです。

2. 材料

秋の味覚でボリュームしっかりな献立の材料

鮭ときのこのバター醤油包み焼き

生鮭2切(400円)

しめじ100g(100円)

たまねぎ1/4個(15円)

◯塩少々

◯ブラックペッパー少々

◎バター20g

◎醤油小2

小ねぎお好みで(20円)

白菜と厚揚げの甘辛煮

白菜400g(100円)

厚揚げ豆腐250g(100円)

◎砂糖大2

◎醤油大1.5

◎白だし大1/2

かぼちゃとツナのチーズ風味サラダ

かぼちゃ1/8個(80円)

◎ツナ缶(油漬けタイプ)1/2缶(50円)

◎マヨネーズ大1

◎粉チーズ大1

主要な食材費は815円。そのほか調味料などが120円くらいだとして、合計935円です。金額は近所のネットスーパーなどを参考に算出しました。

安くて立派なものがあったので、生鮭はアトランティックサーモンを使いました(厳密にいうと鮭とサーモンは違うものですが)。もちろん秋鮭などで作ってもおいしいです。

3. 手順とポイント

調理・盛り付け: 20分

補足

コンロは1くち使います。
調理器具について
オーブン、フライパン、電子レンジを使います。

手順 鮭ときのこのバター醤油包み焼き 白菜と厚揚げの甘辛煮 かぼちゃとツナのチーズ風味サラダ
オーブンを予熱する
白菜と厚揚げを切って煮る
材料を包んで焼く
かぼちゃを切ってレンジ加熱する
和える(完成)
煮える(完成)
焼きあがる(完成)
  • 基本的に包み焼き→甘辛煮→サラダの順に作ります。
  • オーブンの予熱からはじめます。予熱中に、甘辛煮を煮はじめます。そのくらいでオーブンがじゅうぶん温まるので、包み焼きをセットします。
  • それから、かぼちゃを調理します。④のレンジ加熱のあいだは手があくので、お皿や食卓の準備をしたりします。
  • サラダを和えているくらいのちょうどよいタイミングで、甘辛煮と包み焼きもできあがります。

4. 動画

実際に作っている様子を撮影しました。ほぼノーカットですが、かぼちゃのレンジ加熱中、思ったよりも手があいたので、その部分はカットしています。調理しながらポイントなどもしゃべっています。

盛り付けまで含めて、18分でできあがりました。今回から試しに4Kで撮影してみました。

器のご紹介

「鮭ときのこのバター醤油包み焼き」は、SAKUZANのStripe 丸皿に盛り付けました。マットな質感が気に入っています。和にも洋にも使いやすいお皿です。

SAKUZAN Stripe 丸皿M ホワイト
楽天

5. レシピ詳細

それぞれのおかずのレシピは、下のリンクからご覧いただけます。より詳しい調理のポイントなども書いてあります。